「思考のスピードが速い」人の頭の使い方

「推測・意見・事実」を仕分けしよう

最速で答えにたどり着くために必要なこととは?(写真:kou / PIXTA)
もっと頭を使って考えろ!――。上司からこんな叱責を受けたことはないでしょうか。「正解がない」といわれる今の社会は、思考力が求められる時代です。日本IBMのシニア・プロジェクト・マネジャーとして、数百人のメンバーを抱える木部智之氏は、「思考のスピードが速い人」はインプットのしかたが違う、と断言します。『仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?』の著者であり、自他共に認める“スピード狂”である木部氏に、効果的なインプットの方法について聞きました。


「思考のスピードが速い人」と言うと、頭の回転が速く、矢継ぎ早にアイデアを思いつく人を想像するかもしれません。「自分には、天才的ひらめきは降りてこない」「頭がこんがらがって、整理するのが苦手」とコンプレックスがある人もいるでしょう。

でも私は、生まれ持った「頭のよさ」と「思考のスピード」は、まったく別のものだと考えています。

推測や意見よりも大事な「事実」

最速で答えにたどり着くために「まず」必要なこと。それは、「正しい情報」をインプットすることです。

インプットが間違っていると、結局、すごろくで言う「振り出しに戻る」状態で、正しい事実をとらえるところからやり直さなければならなくなります。

最近は「今は正解のない時代だ。だから自分の頭で考えよう」ということがよく言われますが、自分の頭で考える前に絶対に必要なのが、事実を正しく把握することです。事実を間違ってとらえたままの状態でいくら考えても、それは結果的に考えたことにはなりません。

インプット情報のひとつに人の発言があります。そして、人の発言を正しくとらえるには「推測」「意見」「事実」の3つがポイントとなります。相手がどれを述べているかを分類しながら聞くと、正しくインプットできるようになります。

次ページ次の意見を、どのように受け止めますか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT