成果が出ない人は「学びの深さ」に原因がある

「セミナージプシー」に陥る人は本質から遠い

せっかくの学びを自己満足で終わらせてはいけません(写真 :NOBU / PIXTA)
「プロフェッショナル・スチューデント」という言葉を聞いたことがありますか?意欲的に勉強をするものの、なかなか実戦でそれを活用できない、残念なビジネスパーソンをそう呼ぶことがあるようです。
せっかくの学びを自己満足で終わらせず、実戦で使えるスキルにつなげるにはどうしたらいいのか? 実際に使える、具体的なやり方をご紹介します。

教育と学習の違いを知らないと挫折しがち

この連載の記事一覧はこちら

「決算書が読めるように財務諸表の勉強を始めたが、挫折した」「ロジカルシンキングの本を読んだが実践できない」「マーケティングのセミナーを受けたが収入アップに結びつかない」

仕事が変わったり、キャリアが上がっていくと身に付けるべきスキルや知識が増えてきます。しかし、学んだことを仕事に役立てられない、あるいは勉強の段階で挫折してしまう方が多いのも事実です。

私は会社員時代、人材育成担当者として、コンサルタントを中心に数多くの新卒社員に研修などを通じて接してきましたが、そこで目の当たりにしたある事実がありました。それは、学生時代に勉強を得意とした高学歴の人でも、「仕事で成果が出るレベルまで学ぶ」ということまでは得意でない人が多いということです。

いったいなぜなのか? ある時、これは学ぶ本人が学生時代に受ける“教育”と、ビジネスパーソンとしての“学習”の違いを理解していないせいだということに気がつきました。両者の違いをまとめるとこのようになります。

次ページ学びを稼ぎに変えるには?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT