デキないオトコほど「悔し泣き」をする理由

デキる人の「負けた自分」の見つめ方とは?

(1)「負けた」ことを受け入れる

彼らいわく、「泣いても、結果は変わらないでしょ?」「次、結果が出るようにするしかないじゃない」とのこと。悔しいけど、うまくいかない結果を受け入れる。

(2)「うまくいかない」を受け入れる

「最近、スランプなんですよね」「どうも調子が悪くて……」。こんなピンチやスランプは誰にでも訪れる「波」だと考え、どうしようもない状態に陥る自分を受け入れる。

(3)目線を変える

悔しい結果やスランプ状態にあるとき、見方を変えて、考え方と気持ちを切り替える。デキるひとは「目線を変える」お作法を使って感情をコントロールしていました。

目線を変えるお作法とは?

最後の「目線を変える」お作法について詳しく解説します。デキるひとに共通しているのは、目の前の現実を色んな目線に切り替えて、違う考え方で解釈するのが上手だということ。まるで目線に翼がついているかのように、見方を変えることができます。デキるひとの目線の切り替え方を観察していると、3種類の「ツバサ」を使いこなしていることに気づきました。

(写真:dubova / Adobe stock)

(1)客観のツバサ

別名「幽体離脱ウイング」。スピリチュアルな話ではありません。上司や周りから厳しいプレッシャーを受けるようなピンチのとき、デキるひとは自分から意識を離脱させるように「客観視」モードに入ります。「おーっと! 自分、責められてます」と実況中継するくらい冷静に目線を切り替えて、心が折れるのを防ぐツバサです。

次ページピンチ時には先の予定を考えろ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT