20代で獲得すべきスキル、捨てるべきスキル

どの業界でも必要不可欠な2つのスキル

「イマドキの20代が何を考えているのかわからない」。ため息混じりでつぶやく先輩方をどの職場でもよく見かける。世代間ギャップの議論は今に始まったことではないが、「ゆとり世代」と言われる若手社員が特にわからない、と悩む人は多いようだ。2012年のHR総合調査研究所の調査によれば、企業の人事担当者が持つゆとり世代への印象は、6割が「受け身」、4割が「精神的に弱い」と答えている。積極的に動かず、傷つきやすいと思っている先輩社員が多いということだ。
当然、やる気に満ちあふれたスバラシイ20代の若手社員も多いに違いないが、20代の生態はますますナゾに包まれていると言っていいだろう。
そこでこの連載では、東洋経済の次世代を担う20代記者が集結し、イマドキの20代に関係するトピックを、いろいろな角度から取り上げてみようと思う。先輩方が20代を知るキッカケと、20代の気持ちを代弁していきたい。先輩、20代のこと、どう思いますか?

記念すべき連載第1回目は、大手コンサルティング会社のアクセンチュアで、昨年、初開催された就活生向けの若手グローバルリーダー育成塾で、企画・運営の立役者となった同社のマネジメント・ディレクターである西村雅史氏へのインタビューだ。

アクセンチュアは長年の経験を生かし、「和魂偉才塾」と名付けた講座を開設した。「戦略コンサル」「グローバル」「ビジネス・インテグレーション」「テクノロジー」という4つの授業を約2カ月間、全16回で開催した。果たして、ゆとり世代の20代から次世代グローバルリーダーは生まれそうか……。話を聞いてみた。

インタビューの(上)はこちら

――今回の塾の大きな目的でもある、若手のグローバル人材育成ですが、日本では圧倒的に足りていない理由はなんでしょうか。

教育環境の問題が大きいだろう。中国やインドは、教育を国策として掲げている。一方で日本は無策に近い状態だ。それが、日本の若者にとって、これからどの方向を向いて道を進んでいければいいのか、深く考えない原因のひとつとなっている。

次ページ必要不可欠な2つのスキル
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。