20代で獲得すべきスキル、捨てるべきスキル

どの業界でも必要不可欠な2つのスキル

高度成長期の頃は、もっと単純な進み方があった。外に出て行って、マーケットをつくって、日本の商品をどんどん売っていくというのが顕著な例だ。だが、今は日本が豊かになったこともあり、そんな単純明快にはいかないし、日本の成長率の鈍化に伴って、若者にもかつての先人のような貪欲さもなくなっている。

西村氏の主催する和魂洋才塾では熱心な若者達が集う

では、20代はどのようにしてキャリアを積んでいけばよいのか。この問題に対しては、どの会社に入るかというより、「自分らしい」キャリアを積むことが大事になってくるだろう。だが、それは会社に就職することが無意味だという意味では決してない。組織に入らないと学べないことも多くあるからだ。

ビジネスで必要不可欠な2つのスキルとは

――西村さんはご自身で振り返ってみていかがでしょうか。

コンサル業界で22年間やってきて、正直に思うのは、まったく異なるほかの業界でもある程度自分は仕事ができるだろう、ということだ。なぜなら、ビジネスの世界に共通して必要な2つのスキルを身につけたからだ。

ひとつは、論理的に考える力。営業でも事務でもどんな部門でも、問題を発見して解決する力が必要なのは変わらない。もうひとつは、組織をマネジメントする力。この2つがビジネスマンにとって、どの会社でも必要不可欠なコアスキルと言ってもいいだろう。逆に言ってしまえば、それ以外は、その業界の知識を学べればいい。

先ほど挙げたロジカルシンキングとマネジメント力という普遍的な2つのスキルは、スキルとして見えにくい。知識のように明確には計れないからだ。だからこそ、組織に身を置く必要がある。「論理的に」と言われて、ロジカルシンキングを5冊読みました、では意味がない。

――20代の就職や転職で、気をつけるべきことは何でしょうか。

企業研究をスキルと勘違いする学生は、間違いなく、泣きをみる。

次ページ「知らない」ことはささいなこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT