“スキルアップ教”にハマる中国の若者たち

「個人事業主」志向が強い、中国8000万人の若者たち

毎年、700万人以上の大学卒業者が生まれる中国。キャリアアップを巡る競争は熾烈を極める(写真:ロイター/アフロ)

「個人事業主」8000万人時代? 

中国における「現地化」に悩んでいる日系企業はとても多い。もちろん中国にもポテンシャルの高い人材はたくさんいますが、そういう人たちをうまく活用できなかったり、逆に日系企業がそういうポテンシャルの高い人材から見向きもされていなかったりします。

まずは現状から見てみましょう。中国の大学生の就職希望企業人気ランキングを見てみると、トップ100の企業は外資系が6割を占めますが、日系企業でランクインしているのは、たった2社。ソニーとトヨタ自動車です。

画像を拡大
出所) 雑誌「環球」とコンサルティング会社のUniversum社が共同で行っているアンケート調査。調査対象はトップ94大学の学生約4万人。そのうち商学部の学生のランキングを表示
次ページ日系企業は2社だけ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT