“スキルアップ教”にハマる中国の若者たち

「個人事業主」志向が強い、中国8000万人の若者たち

毎年、700万人以上の大学卒業者が生まれる中国。キャリアアップを巡る競争は熾烈を極める(写真:ロイター/アフロ)

「個人事業主」8000万人時代? 

中国における「現地化」に悩んでいる日系企業はとても多い。もちろん中国にもポテンシャルの高い人材はたくさんいますが、そういう人たちをうまく活用できなかったり、逆に日系企業がそういうポテンシャルの高い人材から見向きもされていなかったりします。

まずは現状から見てみましょう。中国の大学生の就職希望企業人気ランキングを見てみると、トップ100の企業は外資系が6割を占めますが、日系企業でランクインしているのは、たった2社。ソニーとトヨタ自動車です。

画像を拡大
出所) 雑誌「環球」とコンサルティング会社のUniversum社が共同で行っているアンケート調査。調査対象はトップ94大学の学生約4万人。そのうち商学部の学生のランキングを表示
次ページ日系企業は2社だけ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。