“スキルアップ教”にハマる中国の若者たち

「個人事業主」志向が強い、中国8000万人の若者たち

毎年、700万人以上の大学卒業者が生まれる中国。キャリアアップを巡る競争は熾烈を極める(写真:ロイター/アフロ)

「個人事業主」8000万人時代? 

中国における「現地化」に悩んでいる日系企業はとても多い。もちろん中国にもポテンシャルの高い人材はたくさんいますが、そういう人たちをうまく活用できなかったり、逆に日系企業がそういうポテンシャルの高い人材から見向きもされていなかったりします。

まずは現状から見てみましょう。中国の大学生の就職希望企業人気ランキングを見てみると、トップ100の企業は外資系が6割を占めますが、日系企業でランクインしているのは、たった2社。ソニーとトヨタ自動車です。

画像を拡大
出所) 雑誌「環球」とコンサルティング会社のUniversum社が共同で行っているアンケート調査。調査対象はトップ94大学の学生約4万人。そのうち商学部の学生のランキングを表示
次ページ日系企業は2社だけ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。