若手部下がダメなのは、あなたがダメだから

ゆとり世代はダメじゃない?

「イマドキの20代が何を考えているのかわからない」。ため息混じりでつぶやく先輩方をどの職場でもよく見かける。世代間ギャップの議論は今に始まったことではないが、「ゆとり世代」と言われる若手社員が特にわからない、と悩む人は多いようだ。2012年のHR総合調査研究所の調査によれば、企業の人事担当者が持つゆとり世代への印象は、6割が「受け身」、4割が「精神的に弱い」と答えている。積極的に動かず、傷つきやすいと思っている先輩社員が多いということだ。
当然、やる気に満ちあふれたスバラシイ20代の若手社員も多いに違いないが、20代の生態はますますナゾに包まれていると言っていいだろう。
そこでこの連載では、東洋経済の次世代を担う20代記者が集結し、イマドキの20代に関係するトピックを、いろいろな角度から取り上げてみようと思う。先輩方が20代を知るキッカケと、20代の気持ちを代弁していきたい。先輩、20代のこと、どう思いますか?

記念すべき連載第1回目は、大手コンサルティング会社のアクセンチュアで、昨年、初開催された就活生向けの若手グローバルリーダー育成塾で、企画・運営の立役者となった同社のマネジメント・ディレクターである西村雅史氏へのインタビューだ。

アクセンチュアは長年の経験を生かし、「和魂偉才塾」と名付けた講座を開設した。「戦略コンサル」「グローバル」「ビジネス・インテグレーション」「テクノロジー」という4つの授業を約2カ月間、全16回で開催した。果たして、ゆとり世代の20代から次世代グローバルリーダーは生まれそうか……。話を聞いてみた。

学生の教育は社会に出ても役に立たない

――ゆとり世代は、「リーダー」になることとは正反対の教育を受けてきました。これまでの教育から、ゆとり世代が次世代エリートになるには、あまりにもハードルが高い気がしますが。

学生時代の教育がそのまま会社に入ってからも役に立つことはほとんどない。社会に出て初めて、「本当に必要な物事はごく限られている」ということに気づくだろう。だから、学生時代にリーダー教育を受けていなくても、きちんと社会人になってから教育すれば、若い人は吸収力もあるので、あっという間に成長できる。

次ページ若手社員がダメなのは上司の責任
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT