若手部下がダメなのは、あなたがダメだから

ゆとり世代はダメじゃない?

今回の塾では、2カ月かけてレクチャーをしてきた。まずその中で感じたのは、学生たちの表情が最初と最後では、雲泥の差があった、ということだ。最初は、仕事の意味も分かっていないし、こちらが言う言葉の意味も理解しきれていない。それでも、プログラムに沿って鍛えていくと、8週間程度で思考のプロセスが形成されてきた。答えが正しいかどうかということや、こちらが期待した答えを生み出すことが大事なのではなく、自分で導き出した答えが、きちんと相手に伝わっているかが大事だ。業種に関係なく、これが社会人になってから、重要となるスキルだろう。

多くの学生は、最初はおとなしくてぼそぼそしゃべっていて、リーダー像からはほど遠かった。正直、大丈夫だろうかと不安に思った。だが、短期間の訓練で、皆、はっきりと自分の意見を言えるようになっていたし、いい観点の質問が挙がってきた。キッカケがあれば、若い人は柔軟な分、すぐに変わることができる。

若手社員がダメなのは上司の責任

――若い人ほどすぐ変われるのであれば、職場での世代間コミュニケーションが難しいのはナゼでしょうか。

確かに世間でも、ゆとり世代は欲しいものがないだとか、欲求が乏しくてダメだとか言われているが、私はまったくそうは思っていない。

むしろ、私が働き始めた22年前より、今はもっと環境も仕事も難しくなっていて、とても厳しい。若者の能力が落ちると言うが、ゆとり教育だから若者の能力が落ちるというわけではない。なぜなら、今は知識が多ければいいという時代ではない。われわれは、大学までに身に付けた知識で仕事をしているのではない。大学までにどう学んだから、会社に入ってからどうなるとかは関係ない。むしろ、会社が入ってきた若者を鍛えられるかどうかが重要なのだ。

もし、学生時代の教育プログラムを持ち出して「やっぱりゆとり世代だなぁ、使えないなぁ」と、先輩が感じたなら、それは若手社員本人たちの問題ではなく、マネジメント層の責任問題だ。上司や先輩がきちんと新人を鍛えているのかどうか、だ。また、成長できていない若手社員がいたならば、ちゃんと上司は彼らをモチべートできているのか。仮に、若手社員が、「仕事ができない」のであれば、それもまた若手社員の責任ではなく100%上司の能力不足だ。

冷静に考えれば、20年経ってこれだけ世の中が発展しているのに、人間の能力だけが劣化しているとは到底思えない。逆に、上の世代は、リーダーとして下の世代にビジョンを語れていますか、と聞きたい。やるべきことを伝えきれていないなど、上司の能力が低いのかもしれない。

次ページでは20代は何をすればいいのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT