"資生堂の母"、驚きの「捨て去る」技術

スーパーキャリア母の睡眠時間が、人より長い理由

「海外の現地法人は、『とりあえず、本社にお伺いを立てておけば安心』という意味からも、本社のわれわれにいろいろ質問をしてくる。もちろん、緊急度や重要度が高い質問にはすぐに答えますが、よく分からないものは、2日くらい寝かせてみる。すると、向こうから『解決しました』と連絡が来ることも、案外あるのです」

確かに、どんな瑣事もいちいち相手にしていたらキリがない。時には、放置する、寝かせることもひとつの対応策だ。

完璧に家事をしなくたっていい

「完璧を目指さない」ことは、今では4歳になった長男の育児・家事をするうえでも信条になっている。

「家事は、基本、していません(笑)。お掃除は、週1回、友人のツテで頼んだ掃除のプロにお願いしているし、食事は買ってくる。飽きたときは、主人が作る。食事の体をなしていませんが」

ご主人は日本人だがアメリカ生まれのアメリカ育ち。日本のあるブランドのアメリカ法人勤務という「元祖キャリアウーマン」的母親に育てられ、家事・育児を進んでやるのは「当たり前」という思想の持ち主だ。

そのうえ、どこで働いてもおとがめのない裁量労働だから、保育園を経て、今はインターナショナルスクールに通っている長男の送り迎えはほぼ100%、夫が担当してくれる。

「週1日だけは、これまた友人の紹介でお安くしてもらっているベビーシッターさんに頼み、私と主人が帰って来る夜10時位まで、子どもの相手をしてもらっています」

それでも、ご主人は多ければ月2~3回。金井さんは月1回程度、海外出張があるから、助けはいくらあっても足りない。

そんなときは、金井さんの神戸の実家の両親を頼る。

次ページ独身時代より、睡眠時間が増加!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。