"資生堂の母"、驚きの「捨て去る」技術

スーパーキャリア母の睡眠時間が、人より長い理由

新卒では、資生堂は駄目だったが、大手化粧品会社に就職。けれど、「マーケティングオタク」の金井さんは研究職の仕事はあまり興味が持てなかった。そこで、マーケティングを本格的に学ぶため、会社を辞めて、MBA留学へ。

留学後はまた化粧品会社に戻ってマーケティング職に就きたいと思っていたし、実際、資生堂の中途採用に応募する機会もあった。だが、当時の資生堂は、「第二新卒枠」しかなく、またイチから社会人をやり直す選択肢しかなかった。それに、マーケティングに配属される保障もない。泣く泣く、諦めるしかなかった。

そこで、MBAの同級生に勧められた、米国スポーツメーカーに就職。マーケティングの本場アメリカ本社でマーケティングプログラムを1年間、みっちり受講するチャンスにも恵まれた。

しかし、帰国して今後の身の置き場を考えたとき、自分がやりたい仕事は、日本の製品やサービスを海外でも売れるようにすることだと気づいた。

「アメリカの会社は、売り方は優れているが、製品はそうでもない。片や日本は、製品はすごいが売り方が弱い。私は、自分が心から優れていると思う商品を売りたい、と思ったんです」

30代は主に、大手カジュアル衣料チェーンで商品のマーケティングを手掛けてきた。

そこは、いわゆるワンマン社長が「トップダウン」で、経営判断する会社。“経営の天才”の間近で働くのは刺激的だったが、朝令暮改が常の天才の思いつきに振り回される苦労も、嫌と言うほど味わった。

「当時はちょうど、野菜や化粧品の製造販売など、社長の新規事業をやりたい思いが爆発した時期。私は、社長のアイデアを全部下調べし、どの事業なら可能性があるか、現実にオペレーション(運営)できそうか、交通整理するのが役割でした」

だが、せっかく入念にした準備も社長の鶴の一声でフイになる。夜10時にやっと帰ろうかと思うと、これまた社長の一声で、5分後に集合させられるなど日常茶飯事。これでは、プライベートも何もない。

次ページ出産後、40歳で資生堂に入社
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。