全米州立大と豪州大。おトクな2つの留学法

コミュニティカレッジとTAFEという選択肢

グローバル化による影響を受けるのは、ビジネス界だけではありません。教育の世界にも、グ ローバル化の波が押し寄せています。今、世界と日本の教育はどう変わろうとしているのでしょうか。ビジネスパーソンや学生、そして、子どもをもつ親たち は、何を知っておくべきでしょうか?
この連載コラムでは、ベネッセでソーシャルイントラプレナー(社内起業家)として活躍し、米国トップ大学進学塾「ルートH」 を担当する藤井雅徳さんに、東大とハーバードに代表される、日米大学の違いを説明してもらいます。日本の教育の問題と可能性を示すことによって、日本の新しい「教育のかたち」を考えていきます。
全米州立大学ランキングでトップに立つUCバークレー。リベラルな校風で知られている(写真:Getty Images)

地元密着の優良な州立大がたくさんある

前回は、ハーバード以外の、知られざる「一流大学」と題し、アメリカのリベラルアーツカレッジを紹介した。今回は、より幅広い選択肢について説明しようと思う。

まず初めは、アメリカの州立大だ。「州立」とは文字どおり、州によって設立された大学のことである。日本で言うところの国公立大学のイメージに近く、規模やレベルもさまざまだ。同じ州内に複数の大学が存在する場合も少なくない。

州立大のトップスクールとしては、UCB(カリフォルニア大学バークレー校)やUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)などが、日本でも知名度が高いが、このほかにも、地元に密着した優良な大学が多数存在する。

また、ミシガン大のように、大学院中心のリサーチ型に特化している大学や、工科大学など特定分野に特化した大学もある。総じて、私立大よりも授業料が安いのも特徴だ。

次ページ全米州立大学ランキング
関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。