全米州立大と豪州大。おトクな2つの留学法

コミュニティカレッジとTAFEという選択肢

グローバル化による影響を受けるのは、ビジネス界だけではありません。教育の世界にも、グ ローバル化の波が押し寄せています。今、世界と日本の教育はどう変わろうとしているのでしょうか。ビジネスパーソンや学生、そして、子どもをもつ親たち は、何を知っておくべきでしょうか?
この連載コラムでは、ベネッセでソーシャルイントラプレナー(社内起業家)として活躍し、米国トップ大学進学塾「ルートH」 を担当する藤井雅徳さんに、東大とハーバードに代表される、日米大学の違いを説明してもらいます。日本の教育の問題と可能性を示すことによって、日本の新しい「教育のかたち」を考えていきます。
全米州立大学ランキングでトップに立つUCバークレー。リベラルな校風で知られている(写真:Getty Images)

地元密着の優良な州立大がたくさんある

前回は、ハーバード以外の、知られざる「一流大学」と題し、アメリカのリベラルアーツカレッジを紹介した。今回は、より幅広い選択肢について説明しようと思う。

まず初めは、アメリカの州立大だ。「州立」とは文字どおり、州によって設立された大学のことである。日本で言うところの国公立大学のイメージに近く、規模やレベルもさまざまだ。同じ州内に複数の大学が存在する場合も少なくない。

州立大のトップスクールとしては、UCB(カリフォルニア大学バークレー校)やUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)などが、日本でも知名度が高いが、このほかにも、地元に密着した優良な大学が多数存在する。

また、ミシガン大のように、大学院中心のリサーチ型に特化している大学や、工科大学など特定分野に特化した大学もある。総じて、私立大よりも授業料が安いのも特徴だ。

次ページ全米州立大学ランキング
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT