全米州立大と豪州大。おトクな2つの留学法

コミュニティカレッジとTAFEという選択肢

もうひとつの現実的な選択肢、オーストラリアのTAFE(テイフ)への留学について説明する。

TAFEとは、オーストラリアの国や州が運営する職能スキル習得のための公立キャリアカレッジのことを指す。オーストラリア全土で57校が開校されており、約160万人が在籍している。たとえばビクトリア州では、地元の高校生の約半数は卒業後にTAFEに進学する。

アメリカの「コミカレ」に対し、オーストラリアの「TAFE」と認識していただけるとわかりやすいだろう。オーストラリアの大学は3年制だが、TAFEに入学して、2年次にオーストラリアの国公立大学に編入するという教育システムが、日本の高校生には受け入れられている。

ちなみに、オーストラリアには39の大学があるが、このうち37大学は国公立である。オーストラリアの大学の競争力は高く、TIMESの「世界大学ランキング」の100位以内に6大学が入っている。これは、日本の2大学(東大と京大)を上回る数だ。

100以上のキャリアに直結した実学コース

オーストラリアの大学は、日本と同じように学部ごとに生徒を募集する。生徒は入学時点で就職を意識しながら専攻を選び、学部課程で専門分野を学ぶ。

TAFE(テイフ)もまた、実学教育に定評があり、会計学や観光学、ホスピタリティ、国際ビジネス(貿易)、ITなど、100以上のキャリアに直結した専門コースが用意されている。

アメリカの学部課程はアカデミックなリベラルアーツ(教養教育)が中心だが、オーストラリアは実学教育に定評がある。大学選びにおいて、実学・資格志向が強い日本の高校生にとっては、相性のよい進路選択だ。

また、TAFE(テイフ)の学費は、年間約90万~160万円であるため、オーストラリアの大学の学費の約120万~320万円と比較すると安く、コミカレ同様その分の学費を抑えることができる。

次ページ求められる英語力は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT