全米州立大と豪州大。おトクな2つの留学法

コミュニティカレッジとTAFEという選択肢

オーストラリアは、「留学」が国の大きな産業になっているので、留学生の受け入れには積極的である。アメリカと比較して治安がよく、国が留学生を守るための法律を制定していることも、保護者にとって安心材料となっている。

ちなみに、世界で最も住みやすい都市ランキング(2012年)では、トップ10中に、オーストラリアの4つの都市がランクインしていることもお伝えしおく。

もし実学を学びたいなら、オーストラリアへの進学を勧める。TAFE(テイフ)経由で大学に進学すれば、英語力に加えて、専門的な知識や技能をつけることもできる。卒業後の就職などを意識した手堅い選択となる。

一方、アメリカの大学は教養教育(リベラルアーツ)重視で、実学重視のオーストラリアとは異なる。アメリカ留学は、自分でサバイブしなければならない環境に身を置くことで、大きな成長につなげたい人にとってはフィットするが、そうでない人にとっては過酷で厳しい環境にもなる。

英語力の基準は低くない

では最後に、このアメリカのコミカレとオーストラリアのTAFE(テイフ)で求められる英語力を説明しよう。

コミカレの入学基準はTOEFLスコア60点。TAFEの入学基準はTOEFL換算で70点程度だ。しかしながら日本の高校生の英語力は、大学入学時の平均でTOEFLスコア約30点。東大合格者の平均でも60点程度であることを踏まえると、高い基準であることには間違いない(詳しくは前々回の記事を参照)。

日本の高校生が、確かな英語力を身に付けることさえできれば、進路の選択肢は世界に広がる。

(構成:上田真緒)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT