やわらかな頬、筋骨隆々の肉体

「フランダースの犬」の少年ネロが、憧れた才能

筋骨隆々とした、キリスト像

「彼の目標は、イタリアの画家たちのように、裸体を中心とした、堂々たる体躯の人体像を描くことでした。アルプスの北からイタリアに来る画家の多くは、風景画家、静物画家として評価を得ていました。

それに対してルーベンスは、ラファエロやミケランジェロのように人物画家として成功しようと格闘したのです」と、展覧会を監修した京都大学大学院文学研究科の中村俊春教授は語る。若いときにイタリアで学んだ技術や様式は、生涯にわたって彼の原点となった。

ペーテル・パウル・ルーベンス『復活のキリスト』 1616年頃、油彩・カンヴァス、183×155cm フィレンツェ、パラティーナ美術館 ©Gabinetto fotografico della S.S.P.S.A.E e per il Polo Museale della città di Firenze
たくましいキリスト像。横から見て描いたほうが簡単な脚を、あえて正面から描いている

『復活のキリスト』は、人物画家を目指したルーベンスらしい作品だ。復活した瞬間のキリストは筋骨隆々として、力がみなぎっている。「等身大の人物像を、技巧を誇示するかのように複雑なポーズで描いています」と中村教授はいう。 

次ページ毛皮をまとう裸婦像の、やわらかさ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT