"NHK発"展覧会で養う、デザインマインド

2人の距離も近づく、体験型のデザイン展

六本木の東京ミッドタウンには芝生の庭がある。天気のいい日には散歩をしたり、お弁当を広げたり、のんびり過ごせる公園になっている。その緑の芝生の奥まったところに、シルバーの三角屋根の低層建築がひっそりと建っている。安藤忠雄が設計した21_21 DESIGN SIGHT(トゥーワン トゥーワン デザインサイト)だ。

1階でチケットを買って階段を下りると、地下には意外に大きなスペースが広がっている。開催されているのは「デザインあ展」。NHK Eテレの番組「デザインあ」から発展した、テーマパークのような体験型の展覧会だ。30種類以上の展示が用意されている。

『モノ・オトと映像の部屋』 tha ltd.+小山田圭吾(コーネリアス) 「まるとしかく」、「デザインがそえうた」など、番組のうたのコーナーが部屋中360度に拡大。上映時間は約8分

『モノ・オトと映像の部屋』は、部屋をぐるりと囲む壁に「まるとしかく」「デザインかぞえうた」などの映像が映し出され、小山田圭吾による心地よい音楽が流れる。音と映像に包まれて、日常のいろいろなところにデザインがあることを体感できる。

次ページ1枚の紙、1枚の布
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。