ディズニーの新作は日本のゲームを意識した

ディズニーアニメプロデューサーに聞く

人間たちが知らないゲームの裏側に広がる世界に暮らす悪役キャラのラルフは、悪役ゆえに仲間から嫌われ、孤独な日々を送っていた。そんな彼が「ヒーローになりたい」と願ったことから、ゲームの世界を揺るがす大冒険を繰り広げることになる……。
『トイ・ストーリー』のゲーム版ともいえる本作は、人間たちが知らない不思議なゲームの世界で繰り広げられる冒険物語。スピード感あふれる映像と、カラフルでポップな映像世界は楽しい驚きに満ちている。また、「ストリートファイター」シリーズのザンギエフ、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」のソニックなど、われわれにもなじみ深い日本のゲームキャラクターたちのカメオ出演も楽しい作品となっている。
過去20年以上にわたりウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの幹部として活躍してきた本作プロデューサーのクラーク・スペンサー氏に、本作誕生の裏側について聞いた。

――人間たちが知らないビデオゲームの裏側を描く、という本作のアイディアはどこから来たのでしょうか?

それはリッチ・ムーア監督のアイデアだ。人間がゲームをプレーしていないとき、ビデオゲームのキャラクターたちは何をしているんだろう、スクリーンの向こう側ではどんなことが起こっているんだろう、というアイデアは『トイ・ストーリー』にも通じるユニークなものがあった。アイデアを聞いた瞬時にワクワクしたよ。

――日本の文化をそうとう意識したように見えますが。

もちろん。ビデオゲームは日本の文化だからね。映画の中に登場する「シュガー・ラッシュ」というゲームは、日本の「マリオカート」を思わせるようなレーシングゲームだしね。開発の初期の段階から、日本の文化は意識した。

たとえば、ゲームの「シュガー・ラッシュ」に登場するレーサーたちのファッション、異なる色柄を重ねるコーディネート術なんかは、原宿ガールたちを強く意識した。また「シュガー・ラッシュ」の舞台となるお菓子の国では、ポッキーをはじめとしたいろいろな日本のお菓子も登場しているよ。

次ページゲームキャラの使用権には苦労した
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。