拳銃片手に街歩き? 体当たり"実験"アート

メキシコシティを、アリスと歩く

右手に拳銃を持ち、サングラスをかけて街をうろつく怪しげな男性。ベルギー生まれ、メキシコ在住のアーティスト、フランシス・アリスだ。日本で初めての個展が東京都現代美術館で開かれている。

アリスは、都市を歩いて見えてくる社会や政治の問題、人間の内面を取り上げる。街の中で、ウィットに富んだアクションを行ってテーマを浮かび上がらせ、それを映像や写真に記録してきた。ロンドンのテート・モダン、ニューヨークの近代美術館でも過去に個展が開催されている。

『再演』 2000 年、メキシコシティ ラファエル・オルテガとのコラボレーション。アクションの記録映像(2 チャンネル) 5 分20 秒 映像スティル
拳銃を持って街を歩いたらどうなるか?

彼のアクションは、体を張った危険なものも少なくない。『再演』もそのひとつだ。アリスは店で拳銃を購入し、そのままメキシコシティの街を歩く。拳銃を手にした男が街を歩いたら、いったい何が起きるのか。観客はハラハラしながら物語の行方を追う。やがてアリスは警官に取り押さえられ、パトカーで連行される。

そのドキュメンタリー映像のすぐ横に、もうひとつの映像が流される。ドキュメンタリーを撮った後、アリスがまったく同じ状況を再演した映像だ。拳銃はモデルガンに変えられている。しかし、2つの映像はほとんど区別がつかない。現実とフィクションの違いはどこにあるのか見る人は問われることになる。

次ページ氷の塊を9時間かけて押して歩く理由は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT