拳銃片手に街歩き? 体当たり"実験"アート

メキシコシティを、アリスと歩く

右手に拳銃を持ち、サングラスをかけて街をうろつく怪しげな男性。ベルギー生まれ、メキシコ在住のアーティスト、フランシス・アリスだ。日本で初めての個展が東京都現代美術館で開かれている。

アリスは、都市を歩いて見えてくる社会や政治の問題、人間の内面を取り上げる。街の中で、ウィットに富んだアクションを行ってテーマを浮かび上がらせ、それを映像や写真に記録してきた。ロンドンのテート・モダン、ニューヨークの近代美術館でも過去に個展が開催されている。

『再演』 2000 年、メキシコシティ ラファエル・オルテガとのコラボレーション。アクションの記録映像(2 チャンネル) 5 分20 秒 映像スティル
拳銃を持って街を歩いたらどうなるか?

彼のアクションは、体を張った危険なものも少なくない。『再演』もそのひとつだ。アリスは店で拳銃を購入し、そのままメキシコシティの街を歩く。拳銃を手にした男が街を歩いたら、いったい何が起きるのか。観客はハラハラしながら物語の行方を追う。やがてアリスは警官に取り押さえられ、パトカーで連行される。

そのドキュメンタリー映像のすぐ横に、もうひとつの映像が流される。ドキュメンタリーを撮った後、アリスがまったく同じ状況を再演した映像だ。拳銃はモデルガンに変えられている。しかし、2つの映像はほとんど区別がつかない。現実とフィクションの違いはどこにあるのか見る人は問われることになる。

次ページ氷の塊を9時間かけて押して歩く理由は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT