『風の谷のナウシカ』はアメコミ?漫画?

漫画の国の独自進化とグローバル社会の相互刺激

「文法」として、漫画のコマ割りを見てみると。

著者:堀田純司(作家) (撮影:今井康一)

日本の漫画には、日本で独自に発達した文法がやはりあり、プロ・アマ問わず漫画を描く人はもはやそれを自然に体得していて、意識することなく使っている。

たとえば、漫画では同一見開き内では同じ場面を描き原則としては変えたくない。

最初のコマは「店の中」、次は「歩道を歩いている」、その次では「高速道路で銃撃」などといった展開は採らず、場面を変えるとすれば、なるべくページ単位で変えるようにする。

これが伝統的なアメリカンコミックだとコマごとにそれぞれ情景を切り取っていて、次々と場面が変化していきます。

余談ですが、アニメーターで映画監督の宮崎駿さんは『風の谷のナウシカ』の漫画も手掛けられています。それを拝読するとコマ割りはアメコミ型に近い。映像畑の人が漫画を描くと、自然とこうした演出になるようです。

ちなみに手塚治虫さんの初期の作品を見ると、やはりアメコミ型の演出を行っていて、「日本型の文法がいきなり成立していたわけではない。映画やコミックの影響を受けつつ工夫するうちに生まれていった」という経緯がわかります。

次ページ新たな「伝統」はどこから生まれるのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT