キムタクはいつまでキムタクと呼ばれるのか?

永遠に終わらない昭和の響き

「キムタク」式こそ国民的人気者の証?

著者:堀田純司(作家)
(撮影:今井康一)
 
 

昭和6年に「降る雪や 明治は遠くなりにけり」と詠んだのは俳人の中村草田男。一方21世紀の平成の現代、私は「はたして昭和は本当に遠くなったのかどうか」まだ確信が持てません。

確かに日本社会は大きく変わった。バブルが崩壊し、小泉改革も経て、世の中は随分と変容した。しかしどうしようもなく変わらないものもあります。

たとえば、マスコミはいまだに人気タレントを姓と名の頭から取った愛称で呼びたがる。木村拓哉さんを「キムタク」と呼ぶアレです。

このように呼ばれるのが「国民的人気者の証」とは、わかるのですが、しかしこのネーミングセンスは、とてつもなく昭和だと思うのです。

かつて俳優、阪東妻三郎は「バンツマ」と呼ばれました。勝新太郎も「カツシン」と呼ばれたものでした。親しみやすく、味がある。これは日本社会のよき伝統といっていいでしょう。

しかしだからといってこの平成の世に、いまだ浜崎あゆみさんを「ハマアユ」と呼ぶのはいかがなものか。絶対やると思っていましたが、案の定元AKB48の前田敦子さんがマスコミに登場したときも「マエアツ」と呼んでいたものでした。

次ページ「昭和とは違うよ」なんて、ものともせず…?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。