ガラパゴス生まれの〝クールジャパン〟

AKB48も典型的ハイコンテクスト風土の産物

AKBでさえも難しい? 国を越える受容

著者:堀田純司(作家)

シンガポールに進出したAKB48の公式ショップが、昨年2012年末に閉店してしまったそうです。不振の理由はさまざまでしょうが、かの地はK-POPがすでに席巻しており、日本のコンテンツはその人気に及ばなかった、との観測もありました。

AKB48はシンガポールのほかにも、台湾や香港、インドネシアに進出しており、まだまだその海外展開の成否を決めることができませんが、うまくいかないことも十分ありうると思います。

日本のコンテンツは、ハイコンテクストな日本の風土から生まれてきたもの。もしかすると国を越えて受容してもらうには、ハードルが高いという特性があるのかもしれません(以下、AKB48のファンとしても知られる歴史学者、本郷和人教授から教えていただいた少年王3号さんのブログに則してお伝えします)。

次ページ“ハイコンテクスト”とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT