ガラパゴス生まれの〝クールジャパン〟

AKB48も典型的ハイコンテクスト風土の産物

AKBでさえも難しい? 国を越える受容

著者:堀田純司(作家)

シンガポールに進出したAKB48の公式ショップが、昨年2012年末に閉店してしまったそうです。不振の理由はさまざまでしょうが、かの地はK-POPがすでに席巻しており、日本のコンテンツはその人気に及ばなかった、との観測もありました。

AKB48はシンガポールのほかにも、台湾や香港、インドネシアに進出しており、まだまだその海外展開の成否を決めることができませんが、うまくいかないことも十分ありうると思います。

日本のコンテンツは、ハイコンテクストな日本の風土から生まれてきたもの。もしかすると国を越えて受容してもらうには、ハードルが高いという特性があるのかもしれません(以下、AKB48のファンとしても知られる歴史学者、本郷和人教授から教えていただいた少年王3号さんのブログに則してお伝えします)。

次ページ“ハイコンテクスト”とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • iPhoneの裏技
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。