ガラパゴス生まれの〝クールジャパン〟

AKB48も典型的ハイコンテクスト風土の産物

AKBでさえも難しい? 国を越える受容

著者:堀田純司(作家)

シンガポールに進出したAKB48の公式ショップが、昨年2012年末に閉店してしまったそうです。不振の理由はさまざまでしょうが、かの地はK-POPがすでに席巻しており、日本のコンテンツはその人気に及ばなかった、との観測もありました。

AKB48はシンガポールのほかにも、台湾や香港、インドネシアに進出しており、まだまだその海外展開の成否を決めることができませんが、うまくいかないことも十分ありうると思います。

日本のコンテンツは、ハイコンテクストな日本の風土から生まれてきたもの。もしかすると国を越えて受容してもらうには、ハードルが高いという特性があるのかもしれません(以下、AKB48のファンとしても知られる歴史学者、本郷和人教授から教えていただいた少年王3号さんのブログに則してお伝えします)。

次ページ“ハイコンテクスト”とは?
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。