35歳を超えても、モテる男の3つの共通点

女性が最も重視するのは「清潔感」

世の男性は30代半ばあたりから、肉体的、外見的な衰えを感じ始めることが多い。ただ、「もう老いるばかり」とあきらめるのは間違いだ。服装、髪型、話し方、仕事や生活のスタイルなどを気づかうことによって、若さを演出することは十分できる。この連載では、IBM出身の恋愛コンサルタントである青木一郎氏が、頑張らずに若さを保つためのテクニックを、分野別に紹介する。
来年のバレンタインでチョコをもらうために、今から何を始めればいいのか(写真:Yumeto Yamazaki/アフロ)

NHKのニュース番組でのサプライズ告白

今年もバレンタインデーが過ぎ去りました。全国各地で「本命チョコ」や「義理チョコ」が飛び交い、さまざまなドラマが生まれたと思いますが、この日いちばんの話題になったのは、NHKのニュース番組中に起こったハプニング。42歳の男性アナウンサーから28歳女子アナへのサプライズ告白でしょう。

夕方のニュース番組「首都圏ネットワーク」での出来事です。バレンタインデーの最新動向を放送している最中、突然、男性アナが隠し持っていた花束を取り出し、「僕の愛を受け取ってください!」と告白したのです。

女子アナはうれしさと驚きのあまり目を大きく見開いて、「あい? えっ、愛〜!え〜〜」と大慌て。「うれしいです。本気でちょっとドキドキ……何って言っていいのかわからない……」と、しどろもどろになり、次の段取りを忘れる事態に発展してしまったのです。

後日、NHKは「あれは演出だった」との見解を示しました。確かに花束を渡すのは演出だったのかもしれません。が、「どっきり」を仕掛けられた女子アナの反応は予想外だったでしょう。冷静さを失い、われを忘れて喜ぶ女子アナの姿はとても演出とは思えません。

そしてその姿は「実は年上の男性アナに気があった」ことを表しているのではないでしょうか。この28歳の女子アナにとって、14歳年上の男性アナは十分に恋愛対象ということなんだと思います。

次ページ才能よりも、後天的な努力と習慣
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。