35歳を超えても、モテる男の3つの共通点

女性が最も重視するのは「清潔感」

3つの分野のうち最も効果が出やすいのが「外見」です。内面を劇的に変えるのが難しい一方、外見を変えることは比較的容易です。たとえば、髪型や服装を変えてみる。姿勢をしゃんとする。それだけでも見栄えは大幅に変わります。

見た目の印象が変わると、周囲の評価、特に身繕いに敏感な女性の評価が上がります。しかもおカネも時間もそんなにかからない。やらない手はないと思うのですが、意外にも多くの男性は何もしないままなのです。

なぜでしょうか?

実はそこに若い女性の恋愛対象になるか否かを左右する「心理の壁」があるのです。

「ありのままの姿」という心理の壁

外見を変えることに対して、かなり多くの中年男性が「何も、そこまでして」と腰が引けてしまいます。「男は中身で勝負だよ!」と言う人もいます。自らのこだわりは変えられないという人もいます。しかし、そういう人たちも、就職活動のとき、リクルートスーツ着ていましたよね。

そうしないと、中身がどんなによくても企業に受け入れてもらえないからです。自分が「選ばれる」立場であることをよく自覚して、面接官の視点で自分の髪型や服装を整えたからです。

「恋愛対象になる」というのも同じことです。女性に「選ばれる」という立場をよく自覚して、女性の視点で服装や髪型を選ぶべきなのです。

私は相談者の人から、「ありのままの自分を受け入れてほしい」というセリフをよく聞きます。残念なことに、これはかなわない願望です。女性は親御さんではありません。「ありのままの姿」を受け入れてもらえるはずがありません。

相手に受け入れてもらおうと思ったら、その目的に対して合理的な行動をとるべきです。そうした意識改革ができたとき、「選ばれる」おじさんへの道が開かれることでしょう。

次ページ84%の女性が「清潔感」を最重視
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。