拳銃片手に街歩き? 体当たり"実験"アート

メキシコシティを、アリスと歩く

同じように彼のアクションを撮影したのが『実践のパラドクス1(ときには何にもならないこともする)』だ。

『実践のパラドクス1(ときには何にもならないこともする)』 1997 年、メキシコシティ アクションの記録映像 5 分 Photo: Enrique Huerta
大きな氷の塊を押しながら街を行くアリス。いったい何のために?

アリスは四角い氷の塊を、ただひたすら押して歩いていく。氷が溶けてなくなるまで、9時間以上も街路を押し続けた。労働を終えても、彼の元には何も残らない。働くとはどういうことなのか。努力しても正当な対価が得られない社会を映していると見ることもできる。

建築家を魅了した、メキシコシティの”豊かさ”

こうした作品の舞台になっているのは、主にメキシコシティの歴史地区だ。会場入口で歴史地区の観光マップのようなパンフレットを渡されるので、解説を見ながら回るとわかりやすい。展覧会の構成は、初めてアリス作品を見る人のために、本人が入念に考えたのだという。

作品の中の姿と同じように、長身のアリスはコットンのパンツにコンバース、「ニューヨーカー」誌を抱えて記者会見に現れた。

1959年にベルギーのアントワープに生まれたアリスは、ヴェネチアで建築を学び、最初は建築の仕事をしていた。転機は1986年にやってきた。兵役の代わりの海外協力活動として、メキシコ大地震の復興のために働くことになったのだ。メキシコシティで作品を作り始め、30歳のときアーティストとしてデビューした。

彼にインスピレーションを与えたのは、メキシコシティという都市だった。

「ヨーロッパにいたら、建築の仕事を続けていたかもしれない。作品を作ろうと思ったのは、メキシコシティの文化のコードを読み解くことができなかったから。理解しようとする試みから作品が生まれたんです」

次ページ竜巻の中心を見てみたい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT