東大とは違う、米国流リベラルアーツの衝撃

留学して体感した、アメリカの大学文化

アメリカの大学というと、ハーバードなどのアイビーリーグばかり注目されるが、ほかにも一流校は多い。その代表格がリベラルアーツカレッジだ。知識詰め込み式ではない、考える力を養う教養教育により、多くのエリートを輩出している。トップリベラルアーツカレッジではどのような授業が展開されているのか。東大をやめ、全米No.1のリベラルアーツカレッジに入学した著者が、現地からレポートする。
全米のリベラルアーツカレッジ・ランキングでトップに輝く、ウィリアムズカレッジ。中国、ジンバブエ、ベトナム、グアテマラなど世界各国から留学生が集う。

初日に心が折れる

東大での1学期を終え、いよいよアメリカの大学への留学です。

私の通うウィリアムズカレッジでは、9月に新学期が始まる1週間前に、5日間ほど留学生のみのオリエンテーションが行われます。どのような授業が展開されているのか、どのようなサポート態勢があるのか、カルチャーショックにどう対応するのか、といった大学生活への導入のサポートと、留学生同士のコネクションを作るためにアクティビティが行われました。中国人、韓国人、ジンバブエ人、ベトナム人、シンガポール人、ボツワナ人、ケニア人、グアテマラ人など、さまざまな国から1人から2人程度留学生がおり、全員で40人でした。

「最初から皆と英語で会話できて仲良くなれました」と書けたらいいのですが、そんなわけもありません。ずっと日本の学校で教育を受けてきたので、4択問題はマッハの速度でこなせる自信があるのですが、実践の英語となると、簡単な受け答えさえできませんでした。“What’s up?” “Where are you up to?” と言われて、しどろもどろしたことを覚えています。

私以外は全員、自国のインターナショナルスクールから来ているので、第一言語のように英語を話します。初日の朝ご飯では、私は一言も話せずに、タンザニア人に「quiet girl」と呼ばれる始末でした。日本に帰ろう、と心折れたことを思い出します。

次ページアメリカ流グループワーク
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT