やわらかな頬、筋骨隆々の肉体

「フランダースの犬」の少年ネロが、憧れた才能

ルーベンスの生きた時代には、カトリックとプロテスタントの対立があり、故郷のフランドル地方はその渦中にあった。イタリアから帰国すると、教会の祭壇画をはじめ、混乱の中で破壊された宗教的な美術品を作り直す仕事が入る。

そこで大量の注文を受けるため、大規模な工房を立ち上げ、効率的に絵を描くシステムを整えた。何人もの画家を抱えることで、1人では描けない数メートルもの大きな作品を制作できるようになった。

複雑な遠近法で描かれた頭部

 

ペーテル・パウル・ルーベンス『眠る二人の子供』 1612-1613年頃、油彩・板、50.5×65.5cm、東京、国立西洋美術館
ムチムチした頬が愛らしい

『眠る二人の子供』からは工房のシステムが見えてくる。モデルは古代文化の研究者だったルーベンスの兄フィリプスの子供という説がある。兄は早くに亡くなり、ルーベンスは2人の子供の後見人になっていた。

中村教授はこう解説する。「愛らしい子供の頭部ですが、複雑な遠近法で描いているのが特徴です。顔を縮めて頬だけが見えるようにしています。画家は意味もなく絵を描くわけではありません。特殊な角度から子供を描くことによって、後に別の作品で部品として使うことを考えたのです」。つまり、ほかの作品の習作の意味もあるという。

このような頭部の習作は自分のためだけではなく、工房の画家たちにお手本として渡された。弟子たちがルーベンス風の人物の描き方を学ぶわけだ。

「頭部習作は1610年代に集中して作られました。ルーベンスの大きな油絵の中で部品として使われています。それを頭に入れて見ると非常に面白い。いろいろな年齢、性別の頭部習作があると便利ですよね。

天使ならこの顔、おっさんならこれ、と画家の練習帳として役立つ。ルーベンスの没後には、頭部習作の版画が大量に刷られました。彼の人気のほどがわかります」

次ページ子どもの頭部習作が、別の絵にも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT