生徒が先生を評価するシステムを導入せよ

藤原和博(その9)

藤原:それは、すごくいい質問なんですよ。私は、人件費という資源に限りがない場合は、絶対評価がいいと思う。けれども、教員の総人件費のように資源に限りがある場合は相対評価でいいと思っているの。実際、東京都では教師は相対評価になっている。

藤原和博(ふじはら・かずひろ)
杉並区立和田中学校・前校長 
東京学芸大学客員教授

1955年東京生まれ。78年東京大学経済学部卒業後、リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長 などを歴任後、93年よりヨーロッパ駐在、96年同社フェローとなる。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長 を務める。08~11年、橋下大阪府知事ならびに府教委の教育政策特別顧問。著書に、人生の教科書シリーズ、『リクルートという奇跡』『つなげる力』等。最新刊の『坂の上の坂』が10万部を超すベストセラーに。

でも、大阪の場合は、教員に対して絶対評価で、生徒に対して相対評価になってしまっている。本来、これは逆であるべきだよね。じつは、生徒に対して絶対評価にするのは、ものすごく手間がかかるし、学校ごとのバラつきが大きくなるんですよ。府立高校や都立高校は内申点をすごく重視するんですが、評価を厳しくつける学校の生徒は、評価が甘い学校の生徒に比べて不利になってしまうでしょ。

そこで、東京都では、学校ごとのバランスを合わせるために、各校の校長が年に1回集まって、「おたくの学校には、1、2の低い評価の学生がいないのはおかしいんじゃないですか」といった感じで相互チェックをしている。これを10年間続けてきた東京都では、絶対評価が定着しているんです。

でも、大阪は面倒くさいからか、そうした努力をまだやっていない。相対評価のほうが簡単だから。一方で大阪は、教員に対しては絶対評価なのよ。これは、おかしいでしょ? 結局、組合との関係で今のようになっているんだと思うけれど。

渡邉:そうすると、今の評価システムはあんまり機能していないんですね。

藤原:評価しないよりは、はるかにいいと思うけどね。

渡邉:今のシステムでは、誰が評価を下すんですか。

藤原:教員については校長と教頭です。

渡邉:保護者は全く入ってこないんですね?

藤原:教員の評価とは別に、学校評価というのがあって、保護者や地域の人たちにも点数をつけてもらっています。「この学校の先生は、困ったときにすぐ相談に乗ってくれますか」といった質問が24項目くらいあるやつです。学校評価はリクルートがよくやるリーダーシップ調査と似ていて校長のマネジメントに対する通信簿みたいな感じだね。

教育委員会は学校評価の結果をなるべく公表するように指導していて、結果をコメントとともに、ホームページに掲載するところも東京では増えてきています。

次ページ生徒の評価はとても的確
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。