生徒が先生を評価するシステムを導入せよ

藤原和博(その9)

授業は一コマ当たり1000円

藤原:結局、1000円は諦めて、1000点で評価してもらうことにして、生徒には、あらかじめ朝礼でこう言ったんです。

『君たちはタダで授業を受けていると思っているだろうけど、それは違う。授業一コマ当たり1000円もかかっているんです。だから予習復習を君たちがやれば、2000円、3000円の価値になるし、寝ていたら20円の価値にしかならないよ。すなわち、授業の価値は、「先生の授業の価値×君たちの受ける態度」で決まることになる。先生の授業の価値については今日配るアンケートに1000点満点でつけてもらいます。授業が500円しか価値がないかなと思えば、500点とつけてください』

アンケートの結果は、先ほども言ったように、教師同士の評価とほぼ一致しました。生徒がいい加減につけていないことがよくわかったので、この結果をネットに載せちゃったんです。先生の実名は載せなかったけど、「1年生の数学の授業は何点」というふうに公表したので、保護者はどの先生の評価かがわかるわけ。

渡邉:そうすると、教師の顔が浮かぶわけですね。

藤原:そう、保護者はみんなわかる。ただ、外部の人はわからない。今でも続いているかどうか知らないけれど、これは強烈だったなあ。さらに、こうしたアンケートをとるだけでなく、3年生の生徒全員一人ずつ、校長室で給食を食べながら面談して、授業の評価をヒアリングもしました。

渡邉:生徒からひどい評価を受ける先生もいるんですか?

藤原:最高点を4として、2.5を中間値とすると、2.5を切る人はいました。その人は組合活動に熱心な人で、職員会議でもキャーキャー言う人だったんだけど、「先生、文句を言う前に、まず生徒からの評価を何とか2.5以上に上げましょうね」と言って、頑張ってもらった。その先生の目を見ながら「先生なら、きっとできますよ!」と説得して。

渡邉:一番高い人は4点近くまでいくんですか?

藤原:3.4〜3.6ぐらいまでいく人はいました。結局、評価点というのは、「生徒の生活指導力×授業の学習指導力」だから、その両方の力がある先生は何でもできるんですよ。そういう先生が教務主任だと、マネジメントとしてはとてもラク。

次ページ大学にはひどい教授がたくさんいる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?