なぜ女子大生はコラムニストを目指すのか

無謀な夢?心に潜む就活への対策と嫌悪感

いまどき女子は意外に堅実です(写真:Taka / PIXTA)

最初の印象は、「さすがにそれは甘いんじゃないの?」でした。私は仕事の関係で大学生たちと会う機会があるのですが、この1年で十数人の女子大生から「コラムニストになるにはどうしたらいいんですか?」と聞かれたのです。

さらに、私のツイッターやフェイスブックにも、全国の女子大生からまったく同じ問い合わせが届きました。まったく面識がないにもかかわらず、その数は30人を超え、しかもみなさん本気。いちコラムニストにすぎない私のもとに、50人弱の問い合わせがあることに驚いてしまいましたが、いったいなぜなのでしょうか。

「就職難なのか?」「単に文章を書くのが好きなのかな」などと考えつつ、彼女たちと話していたらその理由がおぼろげに見えてきました。私が想像している以上に、女子大生たちは聡明かつ大胆不敵だったのです。

なかでも印象的だったのは、都内私大に通う小島瑠璃子さん似の亜香里さん(仮名、大学3年)と、二階堂ふみさん似の祐奈さん(仮名、大学2年)の2人。真に迫るような質問を次々にぶつけてきたのですが、そこに彼女たちが描く夢と本音が詰まっていました。

次ページコラムストの報酬や裏事情などの実態
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。