なぜ女子大生はコラムニストを目指すのか

無謀な夢?心に潜む就活への対策と嫌悪感

いまどき女子は意外に堅実です(写真:Taka / PIXTA)

最初の印象は、「さすがにそれは甘いんじゃないの?」でした。私は仕事の関係で大学生たちと会う機会があるのですが、この1年で十数人の女子大生から「コラムニストになるにはどうしたらいいんですか?」と聞かれたのです。

さらに、私のツイッターやフェイスブックにも、全国の女子大生からまったく同じ問い合わせが届きました。まったく面識がないにもかかわらず、その数は30人を超え、しかもみなさん本気。いちコラムニストにすぎない私のもとに、50人弱の問い合わせがあることに驚いてしまいましたが、いったいなぜなのでしょうか。

「就職難なのか?」「単に文章を書くのが好きなのかな」などと考えつつ、彼女たちと話していたらその理由がおぼろげに見えてきました。私が想像している以上に、女子大生たちは聡明かつ大胆不敵だったのです。

なかでも印象的だったのは、都内私大に通う小島瑠璃子さん似の亜香里さん(仮名、大学3年)と、二階堂ふみさん似の祐奈さん(仮名、大学2年)の2人。真に迫るような質問を次々にぶつけてきたのですが、そこに彼女たちが描く夢と本音が詰まっていました。

次ページコラムストの報酬や裏事情などの実態
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT