なぜ女子大生はコラムニストを目指すのか

無謀な夢?心に潜む就活への対策と嫌悪感

亜香里さんはその後、コラムニストを目指しながらも就職活動を再開。その中で見つけた、ある編集プロダクションで働きはじめました。

亜香里さん:中堅の出版社から内定をもらっていたのですが、より現場で文章を書く力がつきそうで、卒業前からアルバイトとして働ける編集プロダクションを選びました。まだ覚えることばかりでブログやインスタの更新もできないくらいですが、ここで経験を積めばコラムニストへの道も近づくと思っているので、全然つらいとは思いません!

一方の祐奈さんは、マイペースにコラムニストへの夢を持ち続けているようです。

祐奈さん:お話を聞いたあと、サークルの友人たちと一緒に面白いコラムの研究をするようになったんですよ! 切り口の作り方とか、文章のつなぎ方やオチのつけ方とか、フレーズのバリエーションとかをみんなで分析する感じで。「プロはこんなにもすごいのか」と勉強になることばかりなので、マネすることからはじめて、「在学中に“女子大生コラムニスト”としてデビューしたいな」って。

あこがれを抱く理由

なぜ女子大生たちはコラムニストにあこがれを抱くのでしょうか?

もちろん、「自分の文章でお金を稼ぎたい」という自己実現への欲求はあるでしょうが、それだけではない気がします。たとえば、帰り際に亜香里さんがボソッと言った、「文章がうまくなっておけば就活に生かせるし、入社してどの部署に配属されても使えますよね」という気持ちも大きいのではないでしょうか。

また、祐奈さんは、「就活に嫌なイメージがあるので、今から手に職をつけるつもりで文章の勉強をしておきたい」と言っていました。就職活動への疲れやイメージの悪さが、文章を書くことに慣れた彼女たちにコラムニストへの夢を描かせているところもあるのでしょう。

ちなみに、「コラムニストになりたい」という男子大生からの問い合わせはほとんどありません。「文章を書くのが好き」という人でも、女子大生のように夢を描かず、出版社への就職などの堅実な道を選ぶところが、いかにも今どきの男子大生なのかもしれません。

正直なところ、20代前半の女性がコラムニストの収入だけで生計を立てるのは難しいでしょう。しかし、「ゆとり」「さとり」と揶揄されがちな彼女たちが、私たちの想像を超える夢を抱き、能力や可能性を秘めています。

企業側としては、彼女たちの能力や可能性に気づいて採用し、伸ばすことができるか? 入社後にコラムニスト以外の夢も見せてあげられるか? 採用担当者の眼力と、管理職の指導力が問われています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT