なぜ女子大生はコラムニストを目指すのか

無謀な夢?心に潜む就活への対策と嫌悪感

亜香里さん:どこかの会社に就職して「会社員をやりながら副業としてコラムニストをやる」という選択肢も考えていたのですが、それはアリだと思いますか?

木村:現実的でいい選択肢だと思います。会社員として定収入を得ながら、少しずつ腕を上げて寄稿媒体を増やし、連載を持つなど知名度が上がってきたらコラムニスト一本に絞ってもいいわけですから。副業で作家をしている人がいるように、コラムニストも副業として成立するはずです。

ネタ切れは?コピペは?炎上は?

まだ大学2年生で就職までの時間的なゆとりのある祐奈さん。天真爛漫なタイプの彼女は、無邪気な笑顔でストレートな疑問をぶつけてきました。

祐奈さん:私は毎日ネタを探すようにしていますが、それでも見つからなくて困ってしまうときもあるんですよ。プロのコラムニストはネタ切れにならないんですか?

木村:「毎日探す」という姿勢は素晴らしいですね。プロになるとそれが習慣になるので、電車に乗っても人間観察したり、中吊り広告を見たり、無意識に何かを探していて、携帯電話のメモ欄などに書き込んでいます。仲間のコラムニストから「ネタ切れで困った」という声は聞いたことがないし、私自身もいくつかのネタがあって「今回はどれにしよう」と迷うことのほうが多いですね。

祐奈さん:あ~、私もいつかそうなれるといいのにな……。でも正直な話、「あれ? これどこかで見たぞ」っていう似た記事をよく見かけます。パクったり、コピペしたりする人もいるんじゃないですか?

木村:「似ている」「コピペでは?」と感じられないように書くのがコラムニストなので、それらは極端に安い報酬で書いている“自称コラムニスト”のものだと思います。実際、私も自分のコラムをコピペされたことがありますし、それは一度や二度ではありません。ただ、コピペをした書き手も、それを見逃してしまった媒体そのものも、見る人々の信頼を失うだけで、マイナスなんですよね。少なくとも、書き手の名前・肩書き・プロフィールの詳細がきちんと書かれたコラムなら、まずコピペはないと思いますよ。

祐奈さん:そっか、私の見る目がなかったということですね! コラムニストは私にとってあこがれの仕事でしかないんですけど……嫌なことってありますか?

木村:楽しさを感じることのほうが多いのですが、時折「う~ん……」ということもありますね。たとえば、ネットが発達した影響で読者から直接メッセージが届くことが増えました。好意的な声がある反面、匿名なのをいいことに批判や中傷を送ってくる人もいますから。「嫌」というよりも、「受け流す」精神的なたくましさが求められますね。

祐奈さん:エッ……私、それはちょっと自信ないかもしれません。今もブログを書いていて、「もし炎上しちゃったら」と思うことがあるくらいですから。ちなみに、プロでも炎上する人っているんですか?

次ページやりたいのならトライする価値はある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT