デキないオトコは「パワポ1枚」ですぐバレる

増殖する「外資系コンサル流」パワポのわな

デキない人のパワポ術とデキる人のパワポ術。そこには深い溝がありました(写真:kasto/PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

「はたらく女性のかていきょうし」として働く女性にお仕事コンサルタントをしていると、パワーポイント資料の作り方について教えてください!という相談を受けることがあります。

パワポが職場に浸透して、いろいろな場所でいろいろな方のパワポ資料を目にすることが増えました。パワポと言えばコンサルタントというイメージが強いですが、実はそのコンサル界では、仕事がデキるかデキないかは、その人が作ったパワポ1枚を見ればわかると言われています。

残念なパワポのあるある3パターン

この連載の記事はこちら

特に男性に多いのですが、自分はパワポが得意と思い込んで自慢のパワポをスクリーンに映したものの、何を言いたいのかさっぱりわからない残念なスライド。見てる側がめまいを覚えて、デキないオトコと認定される……というシーンを数多く目にしてきました。

パワポが普及した最近はレベルが上がってきたため、デキないオトコのパワポも変化を見せています。今回はデキないオトコをパワポ1枚で見分けるお作法と、デキるひとのパワポのお作法について考えます。

デキないオトコの残念なパワポは、大きく3つのパターンに分類されます。

・モジパワポ

・ハコパワポ

・サルパワポ

次ページサルパワポを解説しましょう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • カラダとおカネのよもやま話
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。