うまくいかない人は、だいたい「話が長い」

メールも話もつねに「紙1枚」に収めよう!

言いたいことを速く、確実に伝えるための秘訣とは?(写真 :irodori / PIXTA)
「結局、なにが言いたいの?」。そんなツッコミを入れたくなるプレゼン、説明、報告、メールが世の中にはあふれかえっています。日本IBMのシニア・プロジェクト・マネジャーとして、数百人のメンバーを抱える木部智之氏は、まわりの人望を集める人は、説明もメールも、コンパクトだと言います。『仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?』の著者であり、自他共に認める“スピード狂”である木部氏に、言いたいことを速く、確実に伝えるための秘訣を聞きました。

仕事が速く進むコミュニケーションの究極の形、それは「1回で確実に伝わる」ことです。でも、仕事をしているとコミュニケーション・ミスはどうしても発生してしまいます。そして、そのコミュニケーション・ミスの責任は発信側にあります。

もちろん、メッセージの受け手が「説明会で寝ていた」「そもそもメールを読んでいなかった」というケースもありますが、それもひっくるめて発信側に責任があると思うべきです。

結局、受け手がどうであれ、伝わらなかった理由が何であれ、コミュニケーション・ミスによって成果が得られないのは発信側の自分だからです。

伝わらないのは「長い」から

「メールしたのに、なぜやっていないのか」「メールで説明したのに、なんで理解していないのか」「説明会で手順を説明したのに、なんで理解していないのか」といった、オフィスでの会話はいくらでもあげられます。

なぜ、このようなコミュニケーション・ミスが発生するのでしょうか。

次ページコミュニケーション・ミスが発生する理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT