うまくいかない人は、だいたい「話が長い」

メールも話もつねに「紙1枚」に収めよう!

言いたいことを速く、確実に伝えるための秘訣とは?(写真 :irodori / PIXTA)
「結局、なにが言いたいの?」。そんなツッコミを入れたくなるプレゼン、説明、報告、メールが世の中にはあふれかえっています。日本IBMのシニア・プロジェクト・マネジャーとして、数百人のメンバーを抱える木部智之氏は、まわりの人望を集める人は、説明もメールも、コンパクトだと言います。『仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?』の著者であり、自他共に認める“スピード狂”である木部氏に、言いたいことを速く、確実に伝えるための秘訣を聞きました。

仕事が速く進むコミュニケーションの究極の形、それは「1回で確実に伝わる」ことです。でも、仕事をしているとコミュニケーション・ミスはどうしても発生してしまいます。そして、そのコミュニケーション・ミスの責任は発信側にあります。

もちろん、メッセージの受け手が「説明会で寝ていた」「そもそもメールを読んでいなかった」というケースもありますが、それもひっくるめて発信側に責任があると思うべきです。

結局、受け手がどうであれ、伝わらなかった理由が何であれ、コミュニケーション・ミスによって成果が得られないのは発信側の自分だからです。

伝わらないのは「長い」から

「メールしたのに、なぜやっていないのか」「メールで説明したのに、なんで理解していないのか」「説明会で手順を説明したのに、なんで理解していないのか」といった、オフィスでの会話はいくらでもあげられます。

なぜ、このようなコミュニケーション・ミスが発生するのでしょうか。

次ページコミュニケーション・ミスが発生する理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。