プレゼンのコツは女優と女子アナに学ぼう

すぐに実践できる「秘密のルーチン」を伝授

プレゼン上手の共通点は本番前の「ルーチン」にあった(写真:Rawpixel/PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

「はたらく女性のかていきょうし」として働く女性へのコンサルティングを始めてから5年が経ちますが、「プレゼンテーションが上手になりたい」というご相談がどんどん増えています。パワーポイントが普及し、職場でプレゼンの機会が増えていることもあって、働く女性のプレゼンへの関心が高まっているのを実感します。

プレゼンについてのご相談内容は、だいたい次の3つに集約されます。

資料作りがうまくなりたい

人前に立つと緊張してしまう

伝えたいことをうまく話せない

プレゼン上手の共通点とは?

最近は「外資系コンサル」のプレゼン本が数多く出版されていますが、資料作りのテクニックをテーマにしたものがほとんど。パワポ資料をきれいに作ることができても「どうしたら本番で上手にプレゼンができるのか」という本質的なことを教えてくれる本が少ないような気がします。

ボクは仕事柄、うまいプレゼンに触れる機会が多いので、たくさんの”プレゼン上手”を観察してきました。その中で見つけたある共通点は、プレゼン上手は本番に臨むにあたって「ルーチン(決まりごと)」を踏んでいることです。

いったいどんな決まりごとなのでしょう。資料作りのテクニックはほかの本におまかせすることにして、今回は本番で成功するプレゼン上手のルーチンについて考えます。

まずは本番で緊張しない、人前でアガがらないルーチンについてです。

次ページどうずればアガらないで済むのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。