プレゼンのコツは女優と女子アナに学ぼう

すぐに実践できる「秘密のルーチン」を伝授

プレゼン上手の共通点は本番前の「ルーチン」にあった(写真:Rawpixel/PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

「はたらく女性のかていきょうし」として働く女性へのコンサルティングを始めてから5年が経ちますが、「プレゼンテーションが上手になりたい」というご相談がどんどん増えています。パワーポイントが普及し、職場でプレゼンの機会が増えていることもあって、働く女性のプレゼンへの関心が高まっているのを実感します。

プレゼンについてのご相談内容は、だいたい次の3つに集約されます。

資料作りがうまくなりたい

人前に立つと緊張してしまう

伝えたいことをうまく話せない

プレゼン上手の共通点とは?

最近は「外資系コンサル」のプレゼン本が数多く出版されていますが、資料作りのテクニックをテーマにしたものがほとんど。パワポ資料をきれいに作ることができても「どうしたら本番で上手にプレゼンができるのか」という本質的なことを教えてくれる本が少ないような気がします。

ボクは仕事柄、うまいプレゼンに触れる機会が多いので、たくさんの”プレゼン上手”を観察してきました。その中で見つけたある共通点は、プレゼン上手は本番に臨むにあたって「ルーチン(決まりごと)」を踏んでいることです。

いったいどんな決まりごとなのでしょう。資料作りのテクニックはほかの本におまかせすることにして、今回は本番で成功するプレゼン上手のルーチンについて考えます。

まずは本番で緊張しない、人前でアガがらないルーチンについてです。

次ページどうずればアガらないで済むのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。