プレゼンのコツは女優と女子アナに学ぼう

すぐに実践できる「秘密のルーチン」を伝授

本番で緊張しないなんて、普段からよほど強い気持ちを持っている人か、気持ちのコントロールができるといった特殊な能力を持っている人なのではないかと考える方も多いと思います。でも、緊張しない人間なんて存在しません。人間は、先の展開が見えず不安や恐怖を感じるときに緊張を覚えるようにできている生き物です。

たくさんの人を前にして、うまくいくかどうかわからなくなった瞬間、不安になり上がってしまうのは生理現象です。そこでプレゼン上手は、本番前にルーチンを踏んで、緊張してしまう状況を回避しているのです。

3つの「女優のルーチン」

本番前の役者が行うようなルーチンなので、次の3つを「女優のルーチン」と呼んでいます。

①誰かになりきる

第1のルーチンはプレゼンモードの役作り、「誰かになりきる」です

プレゼンではプレゼンモードの自分を演じる。素の自分とは距離を置いたほうが緊張を回避できます。このルーチンのコツは「こんな風に話したいな、まねしたいな」と思う有名人や知り合いをイメージすること。その人になりきるように話し方やリズムをまねすると、役作りがしやすくなります。

②妄想する

第2のルーチンはプレゼンのイメージトレーニング、「妄想」です

事前に話す内容までもすべて準備していると、本番では台本の棒読みになってしまい、単調なプレゼンに終わってしまいます。台本を用意する代わりに、本番で話す自分を最初から最後まで妄想してみましょう。

このルーチンのコツは、次のスライドに話を移すときの接続詞をイメージすること。スライド1枚1枚を自然につなげ、プレゼン全体の流れをリハーサルするのです。こうして準備万端でプレゼンに臨めば、本番での緊張を防ぐことができるでしょう。

次ページ3つの目のルーチンは「体操」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT