"炎上男子"とのコミュニケーションの秘訣

相手との「OS」の違いを見極めよう

価値観の合わない相手との”炎上”を避けるコミュニケーションとは?(写真 : Sergey Nivens / PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

「はたらく女性のかていきょうし」としてオトコ社会で働く女性をコンサルティングしていると、男性とのコミュニケーションについてご相談を受けることがよくあります。

「男性上司と合わなくて、簡単な内容でも話がこじれてしまいます」

「同じチームの同僚男性との会話がぎくしゃくします」

など、価値観が異なる男性とうまくコミュニケーションが取れないというご相談です。

日本の閉鎖的なオトコ社会で育った男性には、価値観が異なる相手とのコミュニケーションがこじれやすい「炎上男子」が結構多いようです。「炎上」はネット世界でよく使われる言葉ですが、コミュニケーションのこじれという意味では職場でもよく起きる現象です。

今回は、価値観の合わない相手との”炎上”を避けるコミュニケーションのお作法について考えてみましょう。

ささいな意見のズレからなぜ炎上するのか

炎上男子のコミュニケーションはなぜこじれやすいのでしょうか。

実は炎上のきっかけはささいな意見のズレにすぎません。でもそこから相手に対する見方がどんどん悪化します。しかも相手に対する見方は、決まった3段階のパターンで悪化します。

次ページ炎上男子の炎上パターン
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。