"炎上男子"とのコミュニケーションの秘訣

相手との「OS」の違いを見極めよう

価値観の合わない相手との”炎上”を避けるコミュニケーションとは?(写真 : Sergey Nivens / PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

「はたらく女性のかていきょうし」としてオトコ社会で働く女性をコンサルティングしていると、男性とのコミュニケーションについてご相談を受けることがよくあります。

「男性上司と合わなくて、簡単な内容でも話がこじれてしまいます」

「同じチームの同僚男性との会話がぎくしゃくします」

など、価値観が異なる男性とうまくコミュニケーションが取れないというご相談です。

日本の閉鎖的なオトコ社会で育った男性には、価値観が異なる相手とのコミュニケーションがこじれやすい「炎上男子」が結構多いようです。「炎上」はネット世界でよく使われる言葉ですが、コミュニケーションのこじれという意味では職場でもよく起きる現象です。

今回は、価値観の合わない相手との”炎上”を避けるコミュニケーションのお作法について考えてみましょう。

ささいな意見のズレからなぜ炎上するのか

炎上男子のコミュニケーションはなぜこじれやすいのでしょうか。

実は炎上のきっかけはささいな意見のズレにすぎません。でもそこから相手に対する見方がどんどん悪化します。しかも相手に対する見方は、決まった3段階のパターンで悪化します。

次ページ炎上男子の炎上パターン
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT