"炎上男子"とのコミュニケーションの秘訣

相手との「OS」の違いを見極めよう

価値観の合わない相手との”炎上”を避けるコミュニケーションとは?(写真 : Sergey Nivens / PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

「はたらく女性のかていきょうし」としてオトコ社会で働く女性をコンサルティングしていると、男性とのコミュニケーションについてご相談を受けることがよくあります。

「男性上司と合わなくて、簡単な内容でも話がこじれてしまいます」

「同じチームの同僚男性との会話がぎくしゃくします」

など、価値観が異なる男性とうまくコミュニケーションが取れないというご相談です。

日本の閉鎖的なオトコ社会で育った男性には、価値観が異なる相手とのコミュニケーションがこじれやすい「炎上男子」が結構多いようです。「炎上」はネット世界でよく使われる言葉ですが、コミュニケーションのこじれという意味では職場でもよく起きる現象です。

今回は、価値観の合わない相手との”炎上”を避けるコミュニケーションのお作法について考えてみましょう。

ささいな意見のズレからなぜ炎上するのか

炎上男子のコミュニケーションはなぜこじれやすいのでしょうか。

実は炎上のきっかけはささいな意見のズレにすぎません。でもそこから相手に対する見方がどんどん悪化します。しかも相手に対する見方は、決まった3段階のパターンで悪化します。

次ページ炎上男子の炎上パターン
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT