"炎上男子"とのコミュニケーションの秘訣

相手との「OS」の違いを見極めよう

価値観の合わない相手との”炎上”を避けるコミュニケーションとは?(写真 : Sergey Nivens / PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

「はたらく女性のかていきょうし」としてオトコ社会で働く女性をコンサルティングしていると、男性とのコミュニケーションについてご相談を受けることがよくあります。

「男性上司と合わなくて、簡単な内容でも話がこじれてしまいます」

「同じチームの同僚男性との会話がぎくしゃくします」

など、価値観が異なる男性とうまくコミュニケーションが取れないというご相談です。

日本の閉鎖的なオトコ社会で育った男性には、価値観が異なる相手とのコミュニケーションがこじれやすい「炎上男子」が結構多いようです。「炎上」はネット世界でよく使われる言葉ですが、コミュニケーションのこじれという意味では職場でもよく起きる現象です。

今回は、価値観の合わない相手との”炎上”を避けるコミュニケーションのお作法について考えてみましょう。

ささいな意見のズレからなぜ炎上するのか

炎上男子のコミュニケーションはなぜこじれやすいのでしょうか。

実は炎上のきっかけはささいな意見のズレにすぎません。でもそこから相手に対する見方がどんどん悪化します。しかも相手に対する見方は、決まった3段階のパターンで悪化します。

次ページ炎上男子の炎上パターン
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。