職場経験30社!「能力高すぎ」で困っています

長く勤務するにはどうしたらいいか

仕事できすぎ、ですでに30社ほど転々としました(写真:xiangtao / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

 

【キャリア相談vol.61】仕事が「できすぎ」で恨まれます

運が悪いとは思いたくないのですが、派遣の仕事を転々としています。毎回、「次の会社では骨を埋めるくらい働こう」と思いながら、かれこれもう30社くらい転々としています。これには、飽きっぽいだけ以外の理由があると思っています。いつも目先のことをおろそかにしないスタンスで努力し、地道な努力で世界で1位、2位の外資系や日本の金融機関で社員並みに働いて来ました。しかし、仕事をやりたくない派遣や社員にいつも疎まれてしまい、働きにくい状態になり辞めることになります。
しかし、上司達からは評価は高く、自分の会社の派遣社員が辞めると戻って来てほしい、と必ずお声がけを頂きます。そんなことばかりで職歴がかなりあります。システムにはすぐ慣れますからどんな部署でも働けます。次の仕事が決まらないことはほとんどありません。
いつも会社では、高飛車な人間に見えないようおとなしくしていますが自然と仕事が出来てしまい、営業アシスタントで担当なしの派遣社員である自分に、お客様がついてきてしまうのです。結果、担当営業マンやウーマンに恨まれるのです。
どこへ行っても、アッという間に社員を抜いて実績が出てしまいます。それが社員からの意地悪の始まりですし、自分の転職サインです。50を過ぎた「スーパーおばさん」なのですが、今後仕事の棚卸しをする以外にどんなことに気をつけて仕事を選べば良いか教えて頂きましたら幸いです。
金融機関派遣社員:ゆみこ
次ページ仕事ができることは素晴らしいこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。