「おやじの会」はPTAの代わりになれるか?

"保護者ボランティアの理想形"ここにアリ

子育ての現場に父親がほとんどいなかった10~30年前であれば、「おやじの会」も必要だったかと思うのですが、いまはこれだけ女性の社会進出が進んでいる時代です。子どもや地域のこと、PTAに関心がある父親もだいぶ増えていますから、そろそろこういった“棲み分け”はなくしていってもいいのでは、と思います。

いっそ「おやじの会」だけでどうか

それなら、「おやじの会」をなくすべきなのか? それはそれで、もったいないと感じます。せっかくみんなが自主的に活動している、理想形のボランティア組織なのですから、その点は今後も活かされたいところです。

ではどうするか。あまり賛同は得られないと思いますが、いっそPTAをやめて、「おやじの会だけ」にしてしまってはどうでしょうか。

筆者は、強制さえなければPTAもいいものだと思っていますが、現実には「PTA&強制」はセットになっている例がしばしばあり、イメージがよろしくない。そこでいっそ、クリア&リスタートしてはどうかと思うのです。

ただしそのときは、「おやじの会」は名実ともに、性別(父親か母親か)を限定しないものに変える必要があるでしょう。

昔は「保護者会」(学校が召集をかける保護者の集まり)のことを「父兄会」などと呼んでいましたが、さすがにいまはそんな言い方はしません。ですから「おやじの会」も性別的にニュートラルな名称に改め、父も母も関係なく参加しやすくしたいところです。

それからもうひとつ、「世代交代しやすくするためのルールづくり」も必要でしょうか。現状の「おやじの会」は、PTAと違って、OBもずっとかかわれるため、中には顔ぶれが固定化してしまうケースもあるからです。

次ページ面白くない仕事は誰がやる?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。