怪奇!PTAの仕事はなぜ減らないのか?

ベルマークからママさんバレーまで仕事山積

(写真:カシス / PIXTA)
子どもがいる人は、ほぼ誰もがかかわることになるPTA(Parent-Teacher Association)。学校と保護者、地域との橋渡し役を期待されるこの組織には、さまざまな謎や問題がつきまといます。いったいPTAとどうかかわるべきか?『PTAをけっこうラクにたのしくする本』の著者・大塚玲子が迫ります。

「仕事量を減らしたい!」は親共通の願い

先の大型連休をまたいで、朝日新聞がPTAについての公開アンケートを行いました(アンケート第1弾:2015年4月23日~5月7日)。回答数は、なんと2000件超え。30~50代を中心に、多くの人たちがPTAの問題に関心を寄せていることがわかりました。

アンケート結果はWeb上で誰でも閲覧できます。これを見ると、「PTAの仕事量は多すぎるので、もっと減らすべきだ」と感じている人が多いことがはっきりとうかがえます。

たとえば、「PTAに改善してほしいことは?」という問いに対し、「活動内容の簡素化」と回答した人は約7割(67.5%)。同アンケート結果の一部は、5月3、4、10日の同紙にも掲載されました(筆者へのインタビュー記事もあります)。

今は子どもの数が減っていますが、それに伴って保護者の数も減っています。その分、保護者にかかる活動負担は増しているわけです。さらに共稼ぎやひとり親など、働く母親も増えており、昔はPTA活動の主な担い手だった専業母がずっと減っています

それなのに仕事量は昔のままか、あるいは増えてさえいるのですから、スリム化が望まれるのは当然のことでしょう。

次ページ親たちの本音
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。