怪奇!PTAの仕事はなぜ減らないのか? ベルマークからママさんバレーまで仕事山積

印刷
A
A

その点、「前年どおり」は“安全な近道”です。みんなに意見を聞く必要がありませんし(もちろん本当は「前年どおりでよいか」を確認したほうがいいのですが、聞かなくても文句を言われることは少ないので、多くの場合は省かれます)、苦情を受けるリスクも高くはありません。

もし何年もずっとかかわり続ける組織であれば、「手間やリスクを引き受けてでも、活動を見直そう」という人が出てきやすいのかもしれませんが、PTAの場合、保護者がかかわるのは子どもが学校に在籍する6年(あるいは3年)、または役員を引き受けている間だけのことです。

「そこまでの手間はかけられない」と判断して、「とりあえず前年どおり」を踏襲し、お役目を終える人が多いのも無理はありません。

そのため、「これ、誰のため?」と首をひねるような仕事でも継続されやすいのです。

●理由2「子どものため」の範囲が広すぎるから

もうひとつの理由は、「子どものため」というPTAの目的が、漠然としすぎているからではないでしょうか。

「子どものため」というと、かなり広範囲な活動が含まれ、削りづらくなってしまうのです。

たとえば、昔からPTAで行われている「保護者(多くの場合、お母さん限定)のバレーボール活動」。「不要では?」という声もしばしば聞きますが、「保護者同士が親睦を深めれば、間接的に子どもにいい影響を与える」と考えることもできます。

ほかにも、花壇の手入れ(学校の手伝い)や広報紙の発行、保護者向けの講演会、ベルマーク活動……等々、ほとんどの活動が「子どものため」ということができてしまいます

次ページどこからやめればいいか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT