PTA委員を買って出るべき、これだけの理由

今年も恐怖の季節がやってきた?!

(写真:PG1104NA / Imasia)
 子どもがいる人は、ほぼ誰もがかかわることになるPTA(Parent-Teacher Association)。学校と保護者、地域との橋渡し役を期待されるこの組織には、さまざまな謎や問題がつきまといます。いったいPTAとどうかかわるべきか?『PTAをけっこうラクにたのしくする本』の著者・大塚玲子が迫ります。

「委員決め」は恐怖のイベント?

新学期です。あの悪名高い「委員決め」の季節です。

よく「役員決め」と呼ばれていますが、4月の保護者会で行われるのは、正確には「委員(クラス役員)決め」です。本当の「役員決め」はPTA本部役員(=会長・副会長・書記・会計)の選出を指し、通常は年度末までに行われます。両者はごっちゃにされがちですが、別モノですのでご注意ください。

「本部役員」というのは、要は「PTAのまとめ役」のようなもので、多くの場合、委員長や学年長をやった人の中から選ばれます(父親の場合はそうとも限らないのですが)。ですから実際のところ、一般の保護者にはそれほど接点がありません。

これに対して「委員」は定員が断然多いため、ほぼすべての保護者があたる可能性があります。

「委員」には、たとえば保護者向けの講演会などを企画・主催する「文化委員」、広報紙を発行する「広報委員」、本部役員を選出する「選考委員」などがあり、各クラスからひとりか数名ずつ選出されます(委員の名称や種類、仕事内容はPTAによって異なります)。

さて、この「委員決め」は本部役員の選出同様、いかに恐ろしいものであるか、多くのメディアで取り上げられてきました。引き受ける人が少なく、陰湿な空気になりがちだからです。

たとえば、よくあるのはこんな光景です。

・全員が下を向いて押し黙り、沈黙が何時間も続く
・「(介護や病気など)こういう事情があるので、委員をやれません」という、不幸の告白大会が始まる
・高学年になると、まだ委員をやっていない人が糾弾され、委員を押し付けられる
次ページやってみると、実は怖くない?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。