速報!東大合格者数上位校の知られざる素顔

名門校ほど「ガリ勉」「スパルタ」ではない

(写真:KAORU / Imasia)

3月23日、国公立大学後期入学試験の合格者が発表された。3月25日発売の『サンデー毎日』(毎日新聞社)など、週刊誌は東大・京大合格者ランキングの速報を掲載している。東大合格者数トップ5は開成、筑波大付属駒場、灘、麻布、駒場東邦の順でおなじみの顔ぶれだ。30位までを見ると、私立では海城や渋谷教育学園渋谷(東京)、公立では富山中部(富山)や修猷館(福岡)の躍進が目につく。

ランキング上位校ほど、自由な校風

東大合格者数ランキング上位校というと、受験のための勉強ばかりさせられるのではないかと思う人も多いかもしれないが、実は逆。上位校ほど、校風は自由であることが多く、授業内容も受験特化型ではない。むしろ特に中学生のうちは、高校受験がないため目先の1点、2点にとらわれず、それぞれに個性的な「真のゆとり教育」といえる教育が行われている。

ランキング上位10校について、拙著『名門校とは何か? 人生を変える学舎の条件』から、学校の校風が表れているエピソードを少しだけ紹介しよう(カッコ内は、「サンデー毎日」3月25日発売号の東大合格者数ランキング順位)。

次ページ1位は34年連続のあの高校
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。