「おやじの会」はPTAの代わりになれるか? "保護者ボランティアの理想形"ここにアリ

印刷
A
A

そこをすっとばして、活動を「必要ない」と思っている人や、事情があって「参加できない」という人にまで無理やりやらせてしまうから、嫌な思いをする人や、つらい思いをする人が出てしまうのです。

「わが子の親から、地域の親に」

最後にもうひとつ、「おやじの会」の注意点として添えておきたいのは「会員限定のサービスをしない」ということです。

PTAも同様ですが、任意団体が学校という施設を使って活動できるのは、「子どもたち全体」のために奉仕する活動をするからです。もし会員だけのための活動をするのであれば、PTAでも「おやじの会」でも、施設使用は原則的に認められないはずです。

実は取材中に一度、「非会員の子どもが参加できないイベントを行う“親父限定”の会」の話を聞いたことがあるのですが、さすがにこれは、悲しくなってしまいました。

母子家庭、祖父母と子どもで暮らす家庭、女性カップルで子育てする家庭等々、父親がいない家庭だって実際にはたくさんありますし、両親がそろっていても、2人ともすごく忙しくて「おやじの会」に参加できない家庭だってあるでしょう。

そういうおうちの子どもを排除した活動を行う会が、ボランティア団体といえるのでしょうか?

「日本おやじの会連絡会」代表の山下さんは、「むしろ、ふだん大人の男性とふれあう機会が少ない家庭の子どもにこそ、『おやじの会』が必要だ」と言います。

「僕が作った『おやじの会』のスローガンは『わが子の父親から、地域のおやじへ』。自分の子どものことだけをやるんじゃなくて、よその子のおやじにもなる。それが、『おやじの会』なんです」

全国の「おやじの会」のみなさんにも、同時にPTAのみなさんにも、ぜひこのような理念で活動していただけたらうれしいな、と思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT