「すごいベンチャー100」2023年最新版・全リスト イノベーション起こす未来のユニコーンはここだ

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 最新
拡大
縮小

スタートアップ育成機運が高まる中、未来のユニコーン候補となるベンチャーはどこか。編集部が独自に100社を選定、その一覧を紹介する。

未来のユニコーンに向かって突き進んでいるスタートアップ100社を厳選し、紹介する  (画像:uckyStep48/PIXTA)

特集「すごいベンチャー100 2023年版」の他の記事を読む

9月11日発売の『週刊東洋経済』9月16日・23日合併号では、「すごいベンチャー100 2023年最新版」を特集(アマゾンの購入ページはこちら)。注目の100社の総力取材記事に加え、10年後の日本を占ううえで欠かせない「スタートアップ市場の最新トピックス」を網羅する。

世界的な金融引き締めの余波で、これまで潤沢にあった投資マネーが一気に縮小。2022年の後半以降、IPO(新規株式公開)が間近のレイターステージのスタートアップを中心に、資金調達に苦しんでいる。

一方、政府による「スタートアップ育成5カ年計画」が本格的に始まり、スタートアップにヒト・モノ・カネを送り込もうという機運は高まっている。とくに、研究開発力を生かしたディープテックのスタートアップに注目されており、「ものづくりニッポン」復活の原動力として期待されている。

もちろん、それ以外の業界や領域でも社会を変える、革新的なビジネスモデルを打ち出しているスタートアップは少なくない。

18カテゴリーに分類し一挙紹介

本特集では毎年、そうしたベンチャーの中から、資金調達額の大きさや事業・技術の独自性などを基準に、有望なベンチャー100社を選定。全社を取材し、各社のビジネスモデルや特徴について分析している。過去に掲載した企業は原則除外しており、新しい顔ぶれだ。

その100社を一覧にしたのが、「すごいベンチャー 2023年最新版100社リスト」(次ページから掲載)だ。100社は「生成AI」「ESG」「モビリティー」「ものづくり」「食品・農業」「経営管理」「公共」など18のカテゴリーに分類して掲載している。

さらに今回、その中から注目の7社をピックアップし、誌面には収まりきらなかったストーリーを拡大版にしてまとめた。起業家たちがビジネスを始めた経緯や問題意識から、ビジネスパーソンが取り組むべき課題が浮き彫りになるはずだ。

すごいベンチャー 編集部厳選7社

各社のリンクから、個別企業の記事ページにジャンプできます。編集部厳選7社の記事は16日5:00まで無料のID登録でご覧いただけます(以降は有料会員限定)。

picon(生成AI)
「AIチャットくん」半日で作った新星の見つめる次

EF Polymer(ESG)
「インド発、沖縄育ち」ベンチャーが世界の農家救う

FACTORY X(モビリティ)
自動車業界で「在庫の常道」を変える起業家の正体

aba(医療・創薬)
介護現場を変えた「排せつ検知ベンチャー」の目線

ASTRA FOOD PLAN(食品・農業)
「かくれフードロス削減」目指すベンチャーの奮闘

meleap(エンタメ)
「かめはめ波」追い求める異色ベンチャーの世界戦

ハッカズーク(人材)
経営に「アルムナイ」を使い倒せ!新潮流の立役者

次ページすごいベンチャー100リスト①
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
すごいベンチャー100 2023年版
掲載700社のうち46社が上場、現在の時価総額は?
UTEC・郷治CEOが唱えるスタートアップの意識変革
レイターステージに特化、狙うのは大型IPO
生成AIはエンタメにも未知の大変化をもたらす
吸水性ポリマーで水不足に悩む農民の力に
ソフトを駆使した「在庫戦略」で経営改善に道筋
顧客に寄り添った支援が現場のDXを進める要
独自の機械で「おいしく長持ち」パウダーに加工
世界39カ国で展開、中国では政府の後押し得る
「退職者は裏切り者」の思考がもったいない理由
「すごいベンチャー100」2023年最新版・全リスト
イノベーション起こす未来のユニコーンはここだ
次の30年、日本が「ものづくり」で勝つための策
「AIチャットくん」を開発
AIシステムを自動で検証
誰でも手軽に気球で宇宙遊覧
自然由来の吸水ポリマー開発
画像生成の「学習素材」提供
接客に特化したAIチャット
映像生成AIアプリを開発
パーソナルAIの開発
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内