「部下が離れる上司」がやっている残念な言葉遣い 悪い情報を部下へ伝えるときどう語りかける?

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
リーダーに必要な言葉づかいのポイントをご紹介します(写真:kouta/PIXTA)
リーダーに一番必要な力は、言葉を使って人を動かす力です。たとえカリスマ性や自信がなくても、「リーダーの話し方」を習得することはできます。古今東西の優れたリーダーたちが実践している「秘伝のテクニック」とは?
NHKでキャスターとして活躍しながら大学院でスピーチ研究に取り組み、博士号を取得後、経営者や政治家などトップリーダーのトレーニングを行っている矢野香さんの新著『最強リーダーの「話す力」』より一部抜粋し再構成のうえ、リーダーに必要な言葉づかい3ポイントをお届けします。

主語は自分で、はっきり自らがしている行為として語る

リーダーの言葉づかい:能動態で語る

「基準を示す」とは、リーダーが何を考え、どのような判断をしているかを、聞き手にはっきりとわからせるための話し方です。

その第一歩は、「受動態」をやめること。つまり受け身をやめ、すべて「能動態」、すなわち、はっきり自らがしている行為として語ることです。主語は「自分」です。

例を挙げましょう。

△ 「こうした事態を打開するため、来月、全体会議が行われることになりました」
◯ 「こうした事態を打開するため、来月、(私は)全体会議を行います」

聞き手の立場では、どちらがより「この事態は打開しなければならないのだ」という危機を感じて、どちらがより「事態が打開できそうだ」とリーダーに期待するでしょうか。

受動態=受け身を多用すると、責任の所在をわざと曖昧にすることができます。全員で意識を共有するためには受動態は便利です。謙虚に聞こえ、マナーに配慮しているようにも感じられます。

ところが、リーダーが受け身で語ってしまうと「自分は責任をとりたくない」という逃げ腰の印象を与えます。この例でいうと、危機を感じ、会議を行うのはリーダーの意志です。主語を自分にして、能動態で話すことが基本です。

次ページ受け身で伝えると傍観しているように聞こえる
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT