「優秀なのに不幸になる人」の残念すぎる立ち位置 GAFA部長が直伝「最高の仕事領域」の見つけ方

印刷
A
A
優秀なのに不幸な人。そんな状態に陥る原因とは?(写真:ryanking999 / PIXTA)
「仕事で結果が出ない」「自分に合う仕事が何かわからない」「何をしたら成長につながるのか見えていない」「人間関係が上手くいっていない」などなど、仕事をしているとさまざまな悩みは尽きません。
一方で同じ仕事でも自信に満ちあふれて仕事をこなし、上司や同僚からの信頼を勝ち取っている順風満帆な人もいます。この違いは、いったいどこから生まれてくるのでしょうか?
それは、「自分が得意なことを活かせるフィールドで働いているかどうか」。そう語るのは、『GAFA部長が教える自分の強みを引き出す4分割ノート術』の著者であり、GAFAの部長として活躍する寺澤伸洋氏。詳しくお聞きしました。
この記事の画像を見る(5枚)

野球やゴルフで球を最高の打点でとらえ、結果を出すことを英語で「芯でとらえる=スイート・スポット」と呼びます。ここから転じてビジネスの世界では、自分がもっている専門性やいついかなるときも不安なくこなせる自信、情熱がある領域を「最高の仕事領域(スイート・スポット)」と呼びます。

この「最高の仕事領域」で仕事をすれば不安や退屈を感じることなく、結果の出せる人生が実現します。これからの時代には必要な要素です。そして、このフィールドで働くためには「自分は何が得意/好きか」ということをキチンと知っておくことが何よりも重要です。

「立ち位置チャート」でポジショニングを深掘りする

仕事では、必ずしも自分に合ったポジションで働けるとは限りません。もし、頑張っているのに結果が出ない、あるいはこのままでいいのかな?と不安や焦りに襲われるとしたら「自分の立ち位置」にズレが生じているのかもしれません。それではまず、あなたの立ち位置を深掘りしていくことにしましょう。

仕事の選択肢は様々。そのあらゆる分岐で必ず必要になるのが「自分の見える化」です。

僕が使っているのは、ノートを4分割にして現在の「自分のポジション」を見える化する方法です。

図のように、A4見開きに今の自分の仕事を得意・不得意/好き・嫌いに分けて下図のように4分割の図を作ってみてください

僕は4分割にしたマップのそれぞれの領域に、「最高の仕事人(スイート・スポッター)」、「優秀な不幸者」、「下手の横好き」、「空回りの苦労人」と名前をつけました。

今あなたの立ち位置はこの4つの領域のどこにいるのでしょうか。また、将来どのような方向に進んでいきたいですか? 

次ページ立ち位置によって分かれる明暗
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT