GAFAの部長が20代で教わった上司の超「金言」

17年間日系企業で働いた僕が学んできたこと

ビジネスにおいて、相手に「ちゃんと伝わるか」「反論されないか」と不安になったら、どのように考えればよいでしょうか? (写真:xiangtao/PIXTA)

皆さんの上司は尊敬できる人でしょうか? 仕事でいちばん成長を実感できるのは、心から尊敬できる上司にめぐり会えたときではないでしょうか。

私は40歳のとき、17年間勤務していた日系メーカーからGAFAのうちの1社に転職しました。GAFAで求められるのは論理力、分析力、行動力、マネジメント力といった高度なビジネススキルでしたが、これらを身に付けることができたのは、20代のころに所属していた経営企画部の本部長だったNさんから受けたロジカルシンキングや問題解決の教えがあったからでした。

Nさんはロジカルシンキングを教える際、「おいしいカレーを作るには何が必要か、要素分解してみて」「『ジャンクフードを食べると肥満になる』と同じくらい、論理が飛躍してるよ」など数々の名言を残されました。ここでは、拙著『40歳でGAFAの部長に転職した僕が20代で学んだ思考法』から私が学んだNさんにまつわるエピソードをお伝えしたいと思います。

悩むな、考えろ

いつも楽観的な僕も、たまには難しい顔をしていたことがあるようで、Nさんが声をかけてきました。

Nさん「どうしたの? 深刻そうな顔して」

僕「来週、全国の営業責任者に今やってるプロジェクトの説明をするんですけど、『ちゃんと伝わるかな』とか、『反論されないかな』と考えると心配で」

Nさん「なるほど。寺澤くんの今の状態は考えてるんじゃなくて、悩んでるだけだよ。悩んじゃダメだよ、考えないと

僕「僕は悩みなんかないタイプなんですけど。心配も悩みのうちですか」

Nさん「少なくとも仕事に関してはそうだね。だって、心配をして、何かが前に進んだかい?」

僕「いえ、全然進んでないです……」

Nさん「でしょ? 悩むっていうのは現状、もしくは将来を悲観して嘆くことなんだよ。すでに現状起こったことで悩むならまだしも、まだ起こってもいない将来のことについて嘆くなんて、時間の無駄だよ

僕「確かにそうですね……」

次ページ「どんな反論がくるか」を事前に洗い出す
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • トクを積む習慣
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT