アントニオ猪木氏「外交に勝利なし」断言の深い訳 本当の意味で「命を懸ける政治家」が少ない

✎ 1〜 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 最新
拡大
縮小
外交について熱く語るアントニオ猪木氏
生前にアントニオ猪木氏に行っていたロングインタビューを再編集し、お届けします。今回は後編です(撮影:今井 康一)
元人気プロレスラーで、政治家として参院議員を計2期務めたアントニオ猪木(本名・猪木寛至)さんが1日、亡くなりました。
話題の書『そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。』の著者ムーギー・キム氏は、40年来のプロレスファンで、2013年には「東洋経済オンライン」でロングインタビューを実施。
そこで猪木氏が余すところなく語っていた「燃える闘魂」の仕事と生き様について、記事を再構成し、2回にわたり掲載します(今回は後編です)。
前編:「政治家アントニオ猪木氏」北朝鮮外交の凄い裏側

「コーヒー移民」で14歳のときにブラジルに

ムーギーもともと猪木さんのご家族は、ブラジルに移民して、農業をなさっていたと聞いていますが。

『そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。―― 文化・アイドル・政治・経済・歴史・美容の最新グローバル日韓教養書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

猪木:「コーヒー移民」で14歳のときに移住しました。農業だけではなく、サトウキビをアルコール燃料に変える事業も行いました。岡山に林原(はやしばら)という会社があって、そこの指導を受けながらやっていました。

当時は、バイオという言葉がまだ世の中に一般化してなかった時代です。そういう経緯があって、エネルギー問題、特に食料問題には政治家になる前から興味がありました

ムーギー:ここまで話を伺って、猪木さんが付加価値を出せるポイントをまとめますと、ひとつは外交分野。残りの2つが、農業とエネルギーということですね。この中で、今後6年間の最優先事項は、やはり北朝鮮外交でしょうか。

猪木:そこは、みなさんがいちばん期待していますね。

次ページやりたいのは「猪木らしい外交」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT