「韓国の3大NG行動」在日も超不快「悪循環の本質」 「一体、誰に向かって謝罪を要求してるんだ!」

✎ 1〜 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 最新
拡大
縮小
「韓国こそ反省せよ」と思う在日コリアン似の男性
日韓両国の文化の中で育ったムーギー氏が「悪循環の本質」と感じる「韓国の3大NG行動」とは?(写真:YIG/PIXTA)
「そっか、日本と韓国って」と検索したことがあるだろうか?
「韓国へのイライラ、日本へのモヤモヤがいっきに解消する」「グローバルな視点で、確かな学術論文に依拠して書かれている」「爆笑エピソードが満載で、絶対にこの著者にしか書けない」と話題を呼び、『週刊ダイヤモンド』『PRESIDENT』等のビジネス誌の書評欄や、教養を重視する六本木アカデミーヒルズの会員制ライブラリーの推薦図書としても高く評価されているのが、新刊『そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。』だ。
著者は、『最強の働き方』『一流の育て方』などのベストセラーでもよく知られる、著作累計70万部のムーギー・キム氏。京都に生まれ、日韓両国の文化の中で育ち、フランス・香港・シンガポールで学び働いてきた。同書は「人生を通じて最も書きたかった、両国の視点を融合した“日韓関係の教科書”」という。
以下では、そのムーギー氏が「『韓国の3大NG行動』と在日コリアンも超不快に思う『悪循環の本質』」について考える。

「お前なんか、韓国に帰れ!!」と心無い批判も多く

皆さん、秋雨が降り注ぎ、肌寒くなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

『そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。―― 文化・アイドル・政治・経済・歴史・美容の最新グローバル日韓教養書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

自称・多忙を極める私が、毎日何時間もかけてエゴサーチしながらヤフコメなどのコメント欄を1つ残らず読んでいると、「お前なんか、韓国に帰れ!!」と心無い批判が多くて、気弱な私は夜な夜なシクシク泣いているのをご存じだろうか。

その涙が深夜にiPadの画面に照らされキラキラ輝いているのだが、か弱い少女でなく「か太い中年」でも連日の苛烈な批判は、締め付けられる胸と、突き出たお腹に、大変こたえるものである。

ただ、たまには「そんな読者の皆様の声にも謙虚に耳を傾けよう」と、本当に韓国に帰って来てみた

いまは本コラムを、みんな大好き、オシャレストリートの「カロスキル」で、冷麺を食べながらiPadで書いている。

さて、新刊『そっか、日本と韓国って、そんな国だったのか。』のアマゾンレビューでは、「両国への愛情を根底に感じる」「期待の斜め上を行く素晴らしさ」「この本を書いてくださった著者に感謝したい」などと書いていただいている。

一方で、この「東洋経済オンライン」連載へのヤフコメ欄などを見ていると、何を書いても、いつも同じような批判で埋め尽くされている。

以前のコラム「『韓国、マジ超うんざり!』在日も辟易する4大欠点」に対しては、私が韓国を猛批判したからか、コメントがやたらと優しく生暖かったのだが、私は好かれるために書いているわけではない。よって以下では「いくつかの怒りのコメント」を紹介しつつ、それらへの「率直なツッコミ」から始めよう。

次ページよくある「怒りのコメント」は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT