「韓国、マジ超うんざり!」在日も辟易する4大欠点 日本人も困惑!韓国「独り相撲」で自爆しすぎ?

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13
印刷
A
A
韓国の対応を疑問視する在日コリアン女性
日韓両国の文化の中で育ったムーギー氏が「韓国には、ほんと超ウンザリ」する4大欠点とは?(写真:hanack/PIXTA)
「そっか、日本と韓国って」と検索したことがあるだろうか?
「韓国へのイライラ、日本へのモヤモヤがいっきに解消する」「グローバルな視点で、確かな学術論文に依拠して書かれている」「爆笑エピソードが満載で、絶対にこの著者にしか書けない」と話題を呼び、『週刊ダイヤモンド』『PRESIDENT』等のビジネス誌の書評でも評価されているのが、新刊『そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。』だ。
著者は、『最強の働き方』『一流の育て方』などのベストセラーでもよく知られる、著作累計70万部のムーギー・キム氏。京都に生まれ、日韓両国の文化の中で育ち、フランス・香港・シンガポールで学び働いてきた。同書は「極端な右派でも左派でもなく、日本や韓国について『フラットな視点で』『楽しみながら』両国のことをもっと知りたい人向け」に書かれた「人生で最も書きたかった」1冊だという。
以下では、そのムーギー氏が「在日コリアンの立場でも『韓国には、ほんと超ウンザリし辟易する』韓国側の4大問題点」について解説する。

「在日コリアンさえウンザリ」韓国の実態は?

「そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか」と検索すると、本連載のもととなっている新刊へのレビューがいろいろ出てくる。

『そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。―― 文化・アイドル・政治・経済・歴史・美容の最新グローバル日韓教養書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

たとえばアマゾンの書評を見ると、Amazon購入歴がある人は「5」(最高評価)を、購入歴がない人が「1」(最低評価)を付けているケースが多い。

「1」評価のコメント内容を見ると、なんと購入履歴がないうえに、明らかに前回コラム「『韓国に怒ってる日本人』に多い、超残念な4大誤解」を始めとする、書籍そのものではなく、本連載コラムへの八つ当たりのような内容だらけである。

「自著に対するエゴサーチ」が三度の飯よりも好きな私は、今日も心の中でしくしく、さめざめと泣くはめになるのだ。

なおネットの書評以外にも、私のまったく更新していないツイッターや公式HPなどを通じ、大量のメッセージをいただいている。

スタッフの方が丁寧に書かれたコメントを私に転送してくれるのだが、そこで私に寄せられるメッセージの中で興味深いのは、次のようなコメントだ。

「私は半分韓国人ですが、韓国人が大嫌いです。いつまでも日本のせいにして、そのような国は進歩しないと思います」
「私は帰化した元在日コリアンですが、本書を我が事として、とても興味深く読みました。ただ、韓国人はいつまでも白黒にこだわり怒っているイメージがあるので、私は韓国ドラマも見たことありませんし、韓国に行ったこともありません」

このようなコメントも数多く寄せられ、「在日コリアンのための、ちょっとした韓国ウンザリ相談室」みたいになってきている感じもある。

この流れで私が韓国側にぜひお願いしたいのが、「韓国は関係ない人を対立に巻き込んで、自爆するのをやめてください」ということである。

そこで以下では、私が呆れながら体験してきた、「大韓民国の4大勘違い対応」を解説しよう(念のため申しておくと、このような対応をする人はごく一部なのだが、そういう人たちが全体の印象を大きく左右するものである)。

次ページどこに行っても「独島はどこの国?」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT