2015年は「日本型イノベーション元年」だ!

まずはソニーとスタート、その全貌とは?

早稲田大学ビジネススクールの入山章栄准教授 (左)とWiLの伊佐山元代表(撮影:風間仁一郎)

本連載の著者である伊佐山元氏が共同CEOを務めるWiLはちょうど1年前の2013年末、ソニー、日産自動車など10社を超える大企業から3億ドルの出資を受け、投資ファンドを組成した。同ファンドは、出資元企業の技術を活用したベンチャーのインキュベーションを行うことを1つの目標に掲げてきた。

そして1年経った2014年12月、その第一号が姿を現した。ソニーとのジョイントベンチャー「Qrio」だ。既存の大企業と共創関係を作ろうとする、このプロジェクトは、「日本型イノベーション(革新)」ともいえるものだ。2015年は、こうした新種のスタートアップの活躍により、日本のベンチャー界隈は多様化し、活性化する年になりそうだ。まさにQrio発表当日に行われた、伊佐山氏と早稲田大学ビジネススクール准教授の入山章栄氏の対談をお届けする。(編集部)

Qrioは何が新しいのか

伊佐山:今日(12月12日)、ちょうどソニーと新しいプロジェクトについて発表をしました。これはソニーが進めるオープンイノベーションの一環で、外部を活用して行う新事業の第一弾です。

入山:その話、詳しく聞きたいですね。どんなプロジェクトなんですか。

これがスマートロック

伊佐山:WiLが60%、ソニーが40%という出資比率で「Qrio」という会社を設立しました。家の鍵をスマホで管理し、鍵の受け渡し、入退室管理などに使用するというのが製品の第一弾。このプロダクトをソニーの人たちと一緒に開発・生産します。

Qrioにはいくつかテーマがあります。まず、ソニーが外部と本格的にこういう事業をやるのは初めてです。あとQrioはかつてソニーが人型ロボットを作っていたときのブランドです。その商標を今回のプロジェクトのためにいただいた。大企業が普通やらないようなことをソニーは思い切ってやってくれました。

入山:それはすごい。パソコンのVAIO(バイオ)の場合には、日本産業パートナーズに会社は売ったものの、商標はまだソニーが持っていますよね。

伊佐山:そうです。だけどQrioの商標は、ソニー側から「使えるのでは?」と提案してくれました。このスマートロックは、シェアハウスが増えていることもあり、必ず大きな需要があると思います。不動産の内見にいちいち人がついてかなくても済むし、家族の間での鍵の共有や管理もずっとやりやすくなります。

入山:これは面白い。

次ページスマートロックの用途とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT